フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

不倫や浮気を軽蔑する女と不倫相手や浮気相手になる女の違い

不倫や浮気を軽蔑する女性は多いです。そういう人ほど「声が大きい」ので、メディアでもよく吠えている感じがします。「女性を代表して」とか「女はみんなこう思っている」とか、頼まれもしないのに、勝手に女性代表に就任して、大声で演説しています。

 

一方で、不倫相手や浮気相手になる女性もいます。こちらは声が小さいです。堂々と言えないからです。小声で「実は部長と・・・」という感じで、こっそり打ち明けます。

 

不倫や浮気に対する寛容度の違いは「不倫や浮気をしたことがあるか無いか」です。したことがある人は、不倫はダメとか浮気はいけないと言いません。自分がしていた張本人で、その楽しさを「実感」しているからです。

 

したことが無い人は、不倫や浮気はダメだと言います。したことが無いので、その楽しさを知らないからです。

 

面白いのは、元々はしない派だった人が、した瞬間に「コロッと」宗派替えすることです。あんなに浮気は許せないと言っていたのに、急におとなしくなったりするので、分かりやすくて良いなと思います。

 

ここから大事なことを言います。声が大きく、ギャーギャー騒いでいる人ほど、実は浮気も不倫も「してみたい人」です。してみたいけど出来ない。相手もいないし、そんな機会が訪れない。その「ストレスの発散」として、正論を大きな声で撒き散らすのです。

 

ということが、男にはバレています。だから浮気や不倫に対してギャーギャー騒いでいる女を見ると「かわいそうに」としか思えません。モテないんだなとか、男に相手されてないんだなとか、最近抱かれてないんだなという目で見てしまいます。

 

ましてやその姿をメディアに晒すなんて「愚の骨頂」としか思えません。マイナスは大きいのに、プラスになることが一つもありません。

 

本当はみんなモテたいし「チャンスさえあれば」と心の中では思っています。それはおかしなことではありません。女性にもそういう人は多いし、男なんて年がら年中そんなことしか考えていません。

 

ということを正直に話せる人の方が圧倒的にモテます。正論を振りかざして、恥を曝す人よりずっと。

blog.kensasano.tokyo