法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

男の冬服コーデはなぜ黒ばかりなのか?

「男の人はなぜ冬服になると黒ばっかりのコーデになるのですか?特におじさんに多い気がします」と、20代の方に質問されました。

 

ユニクロでも無印でもH&MでもZARAでも良いので、メンズの売り場に行ってみてください。8割以上が黒、紺、グレーです。その中で最も「無難」なのが黒なので、それを選ぶ人が多いのです。

 

グレーは着る人を選びます。似合うのはスタイルが良くて見た目がシュッとした人だけです。それ以外の人が着ると、野暮ったくなります。おじさんには手が出せない色です。

 

紺が似合う人は少ないです。上下紺のスーツが着れるのは、スタイルが良くて見た目がシュッとした人だけです。外資系サラリーマンや広告代理店の人に多いです。おじさんには手が出せない色です。

 

という「消去法」により、黒が選ばれる。というのが、男の服選びの王道です。おじさんは冒険をしません。似合わないものを無理して着るくらいなら、無難なものを着ている方がマシ。そういう心理です。

 

ランチタイムでいつも同じお店に行くのも、これと全く同じです。下手に冒険して失敗するくらいなら、いつもの「そこそこ」で良い。それが人生のありとあらゆるところに出てくるのです。

 

「最近の若者は失敗を恐れて挑戦しなくなった」とか言うおじさんがいますが。そんなことを言う人ほど臆病で保守的です。服も黒しか持ってません。年齢や世代に関係なく、男という生き物は臆病で保守的なのです。

 

冬の通勤時には、ビジネス街が「真っ黒」になります。男がみんな黒を着ているからです。居酒屋も黒く染まり、思わず「黒いなぁ〜」とつぶやいてしまう時があります。そのくらい黒の支持率は高いのです。

 

男に対して「いつも黒ばっかり着てるなぁ」とか思わないでください。本人はそれで良いと思っているのです。他人がどうこう言うことではありません。放っておいてほしいです。嫁や彼女に言われたら、イラっとするので、言わない方が吉です。

 

ちなみに私は、紺が最も多いです。次に黒、グレーです。ほら。やっぱりこの三色で「なんとかなる」のです。という記事を、上下黒のコーデで書いてみました。

blog.kensasano.tokyo