個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

おみくじで大吉が出る確率を簡単に上げる方法

おみくじで大吉が出る確率を上げる方法があります。簡単です。「人より、たくさん引くこと」これだけです。

 

おみくじで大吉が出る確率は、それぞれの神社で決まっています。

 

浅草寺(東京)→16%

湯島天満宮(東京)→20%

鶴岡八幡宮(神奈川)→6%

諏訪大社(長野)→12%

北野天満宮(京都)→12%

住吉大社(大阪)→6%

今宮戎神社(大阪)→4%

熊野那智大社(和歌山)→20%

宇佐神社(大分)→36%

金比羅宮(香川)→13%

 

浅草寺を例に出して、説明すると。100個のおみくじのうち、16個が大吉です。ということは、100回引けば、16回は大吉が当たります。これには、運や実力は関係ありません。単純に、100回引けば、16回当たるのです。確率の話です。

 

ということは、1回だけ引くより、100回引いた方が、大吉が当たる確率は、16倍も増えるのです。運が良いように見える人は、この理屈を理解しています。だから、たくさん引くのです。 

 

仕事でも全く同じで。いつも企画が通る人は、たくさん企画を考えて、たくさん企画を提出しています。たまたま通った企画だけ見ていると、超ラッキーに思いますが。単に「たくさん出しているだけ」です。

 

これは、どんな仕事にも、当てはまります。野球でホームランをたくさん打つ選手は、たくさん打席に立っています。打席に立てば立つほど、ホームランを打てる確率が上がるので。ホームランを打つ努力より、まずは打席に立つ工夫をしています。

 

多くの人は、まずは大吉を引こうとしますが。それでは確率が低すぎます。浅草寺でいえば、100分の16なので、いきなり引けば16%です。10回引けば、次に大吉が当たる確率は、90分の16なので18%です。50回引けば、50分の16なので「32%」まで上がります。

 

失敗が成功の元というのは、こういうことです。チャレンジして、どんどん失敗すれば、外れくじが分かるので。当たりくじの確率が、どんどん上がるのです。

 

運というものは、極めて単純なものです。論理的に説明できるし、目に見えるものです。という風に考えていくと、運はどんどん良くなりますよ。

kensasano.hatenablog.com