法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

ヤバイが口癖の人には、本当にヤバイことが起こる

ヤバイが口癖の人には、本当にヤバイことが起こります。人というのは、口癖通りの人生を送ります。

 

いつも感謝を口にしている人には、また感謝したくなるようなことが次々に起こります。ありがとう、感謝します。こういうことばかり言っていれば、またありがとう、感謝します、と言う機会に恵まれます。腹が立つ、許せない。こういうことばかり言っていれば、また腹が立つ、許せない、と言う機会に恵まれます。

 

言葉には「言霊」と言って、とてもつもないパワーがあるのです。口に出したことは、そっくりそのまま再現しようと、見えない力が働きます。これが言霊の正体です。

 

ヤバイが口癖の人は、何でもかんでもヤバイと言います。良いことも悪いことも、美味しいも不味いも、全てヤバイで片付けます。ボキャブラリが不足しているのです。ヤバイを連呼すると、バカに見えます。渋谷にいるような、10代の学生ならまだ可愛げがありますが。結構いい年した大人でも、ヤバイ、ヤバイと言っています。

 

出川哲朗さんは、仕事だから言っていたのです。ヤバイよヤバイよと言い続けた結果、胆管炎という病気になり、入院してしまいました。復帰後は、あまり言わなくなりました。最近では、言わない番組の方が、圧倒的に多いです。

 

普段は決して、ヤバイよヤバイよとは言ってないと思います。本当にヤバイことばかり起きていたら、あんなに長くテレビに出続けることは不可能です。

 

世間の人の方が、圧倒的にヤバイを連呼しています。何を食べてもヤバイ。嬉しくてもヤバイ。奇跡が起きてもヤバイ。日常がヤバイで溢れているのです。親がヤバイを口癖にしていると、子供もヤバイと言うようになります。友達同士では、ほぼヤバイのみで、会話が成立します。

 

そんな人が会社の面接に行くと、ヤバイしか言えません。他の言葉を知らないからです。そんな人を採用してくれるのは、ヤバイ会社だけです。そこでヤバイ仕事をさせられ、ヤバイ大人になっていくのです。漫画みたいな話ですが、本当に起こっていることです。

 

幸いにも、うちのお客様には、こういう人はいません。もし来たら、やんわりとこう言うと思います。「まずは、ヤバイをやめませんか?」たったこれだけで、悩み事が解消することもあると思います。そのくらい、言葉の力というのは強力なのです。

blog.kensasano.tokyo