SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

幸せのハードルは低く、不幸のハードルは高く

いつも楽しそうでニコニコしていて、幸せそうに見える人は、幸せのハードルが低い人です。些細なことでも「幸せだ」と思えるので、幸せの回数が多くなり、結果的に幸せになります。

 

いつも眉間にシワが寄っていて、ブスッとして不幸に見える人は、幸せのハードルが高い人です。ちょっとやそっとのことでは、満足しません。そうすると、幸せの回数はどんどん減り、結果的に不幸になります。

 

起こっている現実は同じです。その「解釈」が違うのです。たったそれだけで、幸せになるか不幸になるか、大きく違ってきます。ポイントは、身近なこと、些細なことに、幸せを見つけることです。

 

私は幸せのハードルが、異常に低いです。朝、無事に目が覚めただけで、神様に感謝します。それで体が健康であれば、ほとんどのことは乗り越えられる。本気でそう思っています。

 

千葉県北小金の名店、ツオップのカレーパン専門店が、東京駅構内にオープンしました。一度買いに行ったら完売でした。再チャレンジしたら、ほとんど並ばずに買えました。揚げたてをすぐに食べたのですが、とても美味しかったです。私はこれだけで、めちゃくちゃ幸せです。かかったお金は324円です。

 

他にも、出かけようと思ったら雨がやんだり、帰ってきたら洗濯物が乾いていたり、ゆっくり湯船に浸かれただけで、幸せを感じます。何も特別なことではなく、日常にある些細なことでも、いくらでもあります。

 

どこかに行かないと、お金をかけないと、幸せを感じられないと思うと、苦しくなります。そんな「ハレ」の日は、全体的には少ないので、ハードルが高くなります。それよりもっと小さいことで、幸せを感じる練習をしましょう。それなら毎日、どこでも、どのタイミングでも出来ます。 

 

そうすることにより、あなたの幸せの「感度」は上がり、その回数もどんどん増えていきます。これが、幸せに生きるコツです。

blog.kensasano.tokyo