SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

機嫌の良し悪しは自分で決めれる

その日の機嫌くらい、自分で決めてしまえば良いのです。天気がどうとか、占いがどうとか、電車の遅延がどうとか。気にし始めると、キリがありません。何がどうしようが、今日は「ご機嫌day」と、勝手に決めてしまいましょう。そうすると、日々楽しく過ごせます。

 

私は朝起きれたら、ラッキーだと思うようにしています。目が覚めただけで、ラッキーなのです。冗談抜きで、朝、目が覚めない人もいます。体に不調もなく、何の予兆もないのに、そのまま起きずに、あちらへ行ってしまう。私の周りにも、そういう人が二人いました。しかもまだ20代です。それを考えると、毎朝、無事に朝を迎えれるのは、奇跡だとすら思います。だから、ラッキーなのです。

 

一日がラッキーで始まると、もうその日は「安泰」です。太陽を浴びて、ストレッチと筋トレをして、掃除をしてシャワーを浴びて、朝食を食べて読書をする。これが朝のルーティンなのですが、それさえ出来たら、もうそれ以上は何も望みません。他は全て「おまけ」みたいなものです。こういう生活を送っていると、機嫌が悪くなりようがありません。怒るポイントが無いのです。

 

正直に告白すると、私も昔は常にイライラしていました。神経質で短気なので、機嫌の悪いことが多かったです。その後、本を大量に読み、怒らないコツや上機嫌でいる方法を、真摯に学びました。それを習慣にすると、あら不思議。機嫌の悪い日というのが、無くなったのです。

 

生きていると、カチンとくることは、しょっちゅう起こります。それはもう仕方ないし、避けることも出来ません。だからこそ、機嫌の良し悪しくらいは、自分でコントロールした方が、楽に生きれます。

 

とりあえず今日は、機嫌の良い日だと、勝手に決めてしまいましょう。それが、毎日を楽しく生きるコツです。

blog.kensasano.tokyo