法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

良い話をすると、悪い話をする時間が減る

人の情報発信量は、常に一定です。全体を100としたら、その「配分」が違うだけです。良い話を60したら、悪い話は40しか出来ません。良い話を30しかしない人は、悪い話を70もします。この比率の違いで、相手に与える印象が、大きく変わってくるのです。

 

ずっと他人の噂話や、愚痴や不満を言っている人は、悪い話の比率が大きいので、良い話をする分が残っていません。そうすると、あの人はいつも文句ばっかり言っていると、周りに思われます。結果的に、人が離れていきます。

 

人望の厚い人は、良い話ばかりしている印象があります。他人の噂話や、愚痴や不満を言いません。どんなことがあろうが、良い話に持っていきます。厳密にいうと、100対0ではありませんが、そんな風に見えます。

 

他人に好かれたかったら、この比率を意識することです。自分が発する情報のうち、どのくらい良い話をしているか。そこを気にして生きましょう。そうすることにより、悪い話をする時間は、どんどん減っていきますよ。

blog.kensasano.tokyo