法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

風水とは風の通りを良くして水回りをキレイにすること

風水とは、風の通りを良くして、水回りをキレイにすること。私自身はそう「解釈」しています。専門家ではありませんが、色んな本は読みました。有名な人から、そうじゃない人のまで。その結果として、導かれたのが上の結論です。

 

風水の発祥は、住居学です。家の中をいかに快適にするか。そこを考えて作られた、とても「実用的な」考え方です。それを活かして、古代の中国は国づくりをしました。日本でも、京都や江戸は、風水を基に街づくりがされたのは、有名な話です。

 

つまり、スピリチュアルでも、なんでもないのです。それを知らない人が、そう言うだけの話です。日本で一番有名な風水師、Dr.コパさんは、祖父の代からの建築士です。

 

風水は、方位学だなんだと、凝りだすとキリがないので、出来ることだけやれば良いと思います。私もそうしています。とりあえず、風の通りを良くしましょう。窓は必ず二つ開けて、空気の通り道を作ることです。そうすれば、空気が「溜まる」ことはありません。掃除をする時や、料理の臭いが出た時は、窓を二か所開けるのが基本です。

 

水周りもキレイにしましょう。具体的には、水滴が残らないようにすることです。小さなタオルなんかで、こまめに拭くと良いです。たまにはシンクを磨いてあげると、気持ちもスッキリします。

 

私の家は、決して広くはありませんが、異常に窓が多いです。お風呂にもトイレにも窓があるので、換気扇を使う必要がありません。使用後は窓を開けておけば、トイレの臭いは抜けていくし、お風呂の水滴は乾きます。リビングだけで窓が三つあるので、風の通りは抜群です。窓自体が広いので、ものすごく明るいです。いつも夕方まで、電気は点けません。点けなくても、充分に明るいのです。水周りも常に掃除しています。磨く用の洗剤も常備しています。

 

掃除が好きというのもありますが、実はどこに行っても、私は水周りをキレイにしています。出かけた先のトイレの洗面台や、人の家に遊びに行った時でも、さっと拭いてから出てきます。それをやらないと、気持ち悪いのです。

 

このように、出来ることだけきっちりやる。これが快適な生活の基本であり、風水的にも正しいことだと思います。

blog.kensasano.tokyo