法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

「ありがとう」は心に余裕が無いと言えない

どんな自己啓発本にも、運気の本にも、感謝が大事だと書かれてあります。それをそのまま実行すれば良いのですが、なかなか出来ない人がいます。

 

理由は一つです。心に余裕が無いからです。周りのことが見えず、自分のことでいっぱいいっぱいになり、それが出来ないのです。だからいくら本を読んだり、アドバイスをもらっても、すぐに取り入れることができず、事態が好転しないのです。

 

気持ちは分かります。生きていると、確かにそういう時もあります。それ自体はおかしなことではないし、誰にでも起こり得ることです。少し考え方を変えてみましょう。周りに感謝できる人は、心に余裕がある人です。そういう人は、常に「ありがとう」と言っています。それを真似して、同じように口に出してみれば良いのです。

 

心の底から思っていなくても構いません。言えるチャンスかな?と思ったら、とりあえず言ってみるのです。それを繰り返しているうちに、言うチャンスに気付きやすくなり、実際にそのチャンスが巡ってきます。感謝を伝える機会は無いかな?と、常に探すようになるからです。ここまで来ると、もう大丈夫。立派に心に余裕が出来ています。

 

実を言うと、私も昔は全くといっていいほど、周りに感謝を伝えることを、していませんでした。やってもらって当然だと、本気でそう思っていたのです。色々と本を読むようになり、半信半疑で試してみたら、効果が抜群にありました。そのくらい「ありがとう」という言葉には、力があるのだなと痛感しました。

 

今では感謝ばっかりしています。何かもらったり、してもらったら、すぐに言います。今日は誰かに何か言えないかな?と、常に探しています。それを繰り返しているうちに、元々良かった運気が、どんどん良くなりました。これからも益々良くなると思います。やったことはただ一つ。素直に感謝の気持ちを、周りに伝え続けただけです。これ、本当の話です。

blog.kensasano.tokyo