個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

運の良し悪しは顔で決まる

運の良い人は「陽」の顔をしています。太陽の陽です。肌ツヤが良く、自ら光を発していて、周りを明るくしてくれます。これまでの人生で、楽しいことがたくさんあり、それを素直に受け取ってきたのだなと、顔を見ればすぐに分かります。

 

そういう人のところには、人が集まってきます。人が集まってくるということは、お金も集まってきます。こうして、運の良い人は、ますます運が良くなるのです。

 

運の悪い人は「陰」の顔をしています。陰気の陰です。肌ツヤが悪く、表情に乏しく、周りを暗くします。一緒にいると、テンションが下がります。こういう人からは、人が離れていきます。人が離れていくということは、お金も離れていくということです。こうして、運の悪い人は、ますます運が悪くなっていくのです。

 

顔ほど、その人の「素」が、出るものはありません。だから、顔を見れば、だいたいのことは分かります。その人と付き合うかどうかは、顔を見れば判断できます。

 

運の悪そうな顔をしていると、言われたことのある人に「朗報」です。運の良い顔に変える方法を、教えておきます。今の状態に関係なく、とにかく楽しいことだけを常に考えることです。好きな人でも、好きな食べ物でも、好きな場所でも。何でも構いません。テンションが上がることだけ、考える習慣をつけましょう。妄想するのです。そうすると、勝手に口角が上がります。それを繰り返しているうちに、あら不思議。肌ツヤも良くなり、表情も良くなっています。

 

クリームを塗ったり、パックをするよりも、内面を変えた方が早いです。外からの刺激が1だとしたら、内からの刺激は「100」です。そのくらい差があります。その差が最も顕著に現れるのが、顔です。

blog.kensasano.tokyo