法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

運気の上がる物の捨て方とタイミング

運気の上がる物の捨て方とタイミングを書いておくので、年末の大掃除の参考にしてください。

 

まずはタイミングですが、これはもう「こんまりさん流」で良いんじゃないかと思います。心が「ときめかない」物は捨てる。そう決めておけば、すぐに決断できます。

 

私の場合で言うと、服に関しては、飽きたら捨てるようにしています。とは言え、ベーシックで良い物を丁寧に扱っているので、平気で10年くらいクローゼットにあったりします。流石にボロボロになってきたなとか、もうそろそろ「お役目」は終えただろうと思ったら捨てます。

 

以前はどんどん人にあげていました。物に執着が無いので、欲しいと言われれば、気前良く渡します。服でも靴でも時計でも。友達の弟が、全身、私の服で現れた時はびっくりしました。「おっ!良い服着てるな」と言ったら、全て私にもらったと即答されました。完全に忘れていました。記憶力を疑われました。

 

最近はメルカリに出すことも多いですが、ほぼ全部売れます。残りは数点だけです。

 

服もタオルも、最後は掃除道具として使い切りましょう。小さく折り畳んで、玄関や廊下、窓ガラスなんかを拭くのです。そうすると汚れるので、ゴミっぽく見えてきて、捨てるのに躊躇しなくなります。

 

で、ゴミ箱に入れる時に「今までありがとう」と手を合わせる。そうすることにより、物に対して感謝の気持ちが芽生えるので、物を捨てる度に運気が上がります。小さい頃からそうしなさいと、ずっと教えられてきました。それを38歳の今でも守っています。

 

私は友達の家に行くと、よく掃除をします。本人は愛着のある物でも、他人からするとただのゴミなので、どんどん捨てれます。ついでに部屋のレイアウトを変えたりもします。そうすると見違えるように部屋が広くなるので、友達の奥さんにはとても好評です。

 

① ときめかない物は捨てる

② 最後は掃除道具として使い切る

③ 捨てる時に感謝する

 

これでばっちりです。良い年を迎えれるように、早いうちにスッキリさせましょう。

 

blog.kensasano.tokyo