SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

人に売りたければ、人に興味を持とう

どんな商売でもそうですが、人が人に売って、人が人から買っているのです。ということは、人がどんなものを求め、どう行動し、どう決断するかを分かってないと、売れるようにはなりません。

 

ネットで商品やサービスを売っているといっても、それは単に道具(ツール)として使っているに過ぎません。インターネットを通して、人と人が繋がっています。だから人に興味を持つことが大事なのです。

 

私が小説をよく読んだり、映画ばかり観ているのは「人間観察」が好きだからです。こんな時に人はこう思うんだなとか、こういう状況でこういう言い方をすると喜ぶなとか、そういう観点で楽しんでいます。それが「モロ」に仕事に活きてくるからです。

 

私の元には、現役の風俗嬢から国家公務員まで、ありとあらゆる職業の人が相談にやってきますが。読書や映画で既に「予習」しているので、別になんてことありません。どんな壮絶な話を聞かされても、小説や映画に比べたら、大したことないなと思えます。

 

この人は、あの本に出てくる主人公に似てるなとか、こちらの女性は、昨日観た映画に出てくる登場人物と同じタイプだなという観点で見ています。

 

私はビジネス書を滅多に読みません。ネット関連の本にはまるで興味がありません。それでもこうしてネット上でサービスを売り、ネットのアドバイスが出来るのは、人に興味を持ち続けているからです。

 

個別コンサルにパソコンを持って行ったことは12年間で一度もありません。重いから嫌なのです。パンより重いものを持たないと決めています。常にA4の白紙に手書きです。それを二枚だけ持って行き、書いたものはお客様にプレゼントします。その紙を壁に貼ったり、何度も見直したり、何年間も大事に持っている人は、売れている人に多いです。

 

大事なのは、ネットやツールの使い方ではありません。どのSNSを使うかとか、ネット上のテクニックを、どれだけ追っても売れません。

 

それよりもっと人に興味を持ちましょう。買ってくれるのはロボットではありません。感情を持った人間です。その感情が分かるようになった人から順に、売れるようになっていくのです。

kensasano.hatenablog.com