SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

人は、自分を得させてくれる人が大好き

人は、自分を得させてくれる人が大好きです。

 

その人に教えてもらったおかげで、良いお店が知れた。その人に指摘されたので、間違いに気付くことが出来て、社内での評価が上がった。その人がアドバイスしてくれたから、以前よりも収入がアップした。人は、そういう人のことが大好きになります。

 

大好きになった人のことは、また会いたくなったり、周りに「あの人は凄いよ」と教えたくなります。つまり、商売で一番大事なリピートと口コミが発生するのです。

 

私はこの法則に早い段階で気付いたので、自分が得するよりも相手を得することに専念してきました。そうすることにより、リピートと口コミの数が劇的に増え、おかげさまで独立して12年間もやってこれました。

 

ほとんどの人は、まずは自分が得しようとします。これがそもそもの間違いなのです。自分が得しようとする人に対しては、人は警戒心を抱きます。「この人が得するということは、自分は損するんじゃないか」と思うからです。

 

一度でもそう思われると、もうダメです。二度と会いたいとは思わないし、他人には「あの人は自分が得することしか考えてないよ」と、悪い内容で口コミされます。それが広がることによって、商売が途切れてしまうのです。実際、お店が潰れる時や会社が倒産する時は、ほとんどがこのパターンです。

 

他人を得させると、回り回って自分の元に必ず返ってきます。しかも何倍にもなって。他人が幸せをプラスして運んでくれるからです。

 

自分が得することばかり考えていると、結局は損することになります。他人から攻撃されたり、付き合いが途切れるからです。

 

商売として長く続けたければ、まずは他人を得させることを考えましょう。目の前の相手に対して、自分が出来ることは何か。どんなことならやってあげれるか。売れる人というのは、常日頃からそういうことばかり考えています。だから売れるようになったのです。

kensasano.hatenablog.com