法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

女は共働きをアピールした方が結婚しやすい

女は共働きをアピールした方が、圧倒的に結婚しやすいです。それなのに「専業主婦になりたい」とか言うから、男が離れていくのです。

 

よく考えてみてください。現代の日本人男性の懐事情を。定期昇給が無くなったり、ボーナスがカットされたり、退職金が減ったり、終身雇用が反故にされたり、リストラに遭ったり、会社が倒産・合併したりということが「当たり前」の世の中です。

 

これはサラリーマンの場合で、自営業や非正規雇用者になると、もっと厳しいです。そんな状況で、自分一人の稼ぎだけで、嫁と子供を養っていくのは、正直キツい。これが男の本音です。

 

家族が増えたら、家を引っ越すことになり、35年ローンを組まされたりします。養育費もかかります。そんなしんどい思いをするくらいなら、自分一人で良いやと思うのは、ごく自然の発想でないでしょうか。

 

一人なら、自分が好きなことに好きなだけお金が使えます。趣味に没頭したり、場合によってはお店を始めたり会社を作ったりして、起業する人もいるでしょう。嫁からの小遣いが月に3万円とか、そんな「しみったれた世界」とは、真逆の生活が出来ます。

 

そこまで踏まえて考えると、女の切り札としては「私も一緒に稼ぐから」というのがベストです。それなら結婚しても良いかなという男はぐっと増えます。あなたが稼いで養ってくださいではなく、私も一緒に稼ぐので、二人で豊かな生活を実現させましょう、と言うことです。

 

女は現実的だとか言いますが。あんなもの嘘です。こと結婚に関しては。見ているのは収入や職業、見た目、学歴・家柄くらいで、実際にどう生活していくのか、どのくらいの費用がかかるのか、冷静に計算している女なんて滅多にいません。

 

これだけ婚活ビジネスが増え、結婚相談所や恋愛カウンセラーなる職業を名乗る人も多いですが。結婚できない女は増える一方です。ということは、その「アドバイス」が間違っているという何よりの証拠です。

 

あなたが結婚したいと思っている男性がいるなら、一度この言葉を言ってみてください。「私も一緒に稼ぐから」と。8割以上の確率で、男は「うん」と言うはずです。

blog.kensasano.tokyo