法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

日本で一番コーヒーを売っているのはセブンイレブン【コラム】

日本で一番コーヒーを売っているのはセブンイレブンだという話を、個別コンサルの際によくするのだが、誰もこの「事実」を知らない。当然といえば当然か。そんなイメージ無いものな。

 

この本によると、既にセブンイレブンでは「10億杯」以上のコーヒーを販売している。

 

ちょいと奥さん。10億杯ですよ、10億杯。1億人が1人10杯は飲んだ計算だ。そんなヒット商品、なかなか見当たらない。

 

スタバの方が流行っていて店舗も多い気がするが、それは目立つ場所にあるから。スタバは滞在時間が長く、提供時間も結構かかるので、杯数としてはそこまで多くない。ドトールに若い人はあまり行かない。そうなると、やはりセブンイレブンが圧倒的に一位となる。

 

コーヒー豆の業者からすると、一番売れるところに、一番良い豆を入れるのは当然の話。ということは、現在、日本で一番良いコーヒー豆を使っているのは、セブンイレブンということになる。

 

コーヒーが苦手で、紅茶党の私でも、秋から冬にかけてはコンビニのコーヒーは飲む。各社試したが、やはりセブンイレブンが最も美味しい気がする。

 

それとやはり店舗数が圧倒的に違う。それこそ「そこら中」にあるので、買おうと思えばいつでも買える。

 

レジで「コーヒーの小さい方」と言って、suicaでピッと決済し、カップをもらって自分でマシンに淹れに行く。ボタンを押すと、一杯ずつドリップしてくれるが、1分もかからない。飲もうと思ってからコーヒーが手元に届くまで、せいぜい1〜2分。この「一連の流れ」が凄い。値段は税込で100円。これを企業努力と言うのだろう。

 

純喫茶がどんどん潰れているが、これは全てセブンイレブンのせいだと思う。今までは喫茶店を利用していた層が、コンビニで安くてすぐに飲めるようになった。しかもオフィスの入っているビルや近隣にいくらでもある。

 

店主の高齢化や後継者不足という問題もあるにはあるが、どこでも100円ですぐに飲めるコーヒーを、消費者は選んだという話なのだ。それに対抗できる純喫茶は、ほぼ無い。

 

ということで、これからも純喫茶は減り続ける。マニア向けや濃い常連が付いているお店以外は「壊滅」すると思う。純喫茶ファンとしては寂しい限りだが、時代の流れだから仕方ない。

 

そのくらいセブンイレブンの企業努力が凄いということ。文句があるならそっちに言ってほしい。逆立ちしても勝てないので、真っ向勝負は避けた方が良い。そんなこと考える喫茶店の店主、滅多にいないと思うけど。

blog.kensasano.tokyo