法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

母親は息子といる時の方が楽しそうに見える

息子と娘がいる母親の場合、息子といる時の方が楽しそうに見えます。特に見た目が悪く、モテなさそうな人に、その傾向が強い気がします。

 

小さな子供というのは、基本的に母親のことが好きです。見た目がどうとか、こんな女がタイプだとか言いません。愛情をたっぷりと注いでいれば、裏切ったりもしないし、構ったら喜んでくれます。自分が求められているという「実感」を得やすいです。見た目が悪く、モテない女性にとって、これはとても嬉しいことです。

 

女同士は、年を取っても仲良くやっていけます。一緒に出かけたり旅行に行ったり。そんな母親と娘は多いです。が、息子は一定の年齢を過ぎると、もう一緒には出歩いてくれません。触れ合えるのが「期間限定」です。だからこそ、娘よりも息子に、より一層の愛情を注ぐのではないかと。そんな気がします。

 

マザコン男が嫌だという女性は多いですが。いざ自分が母親になり、息子が生まれると、ほぼ確実にマザコンに「仕立て上げ」ます。愛情をたっぷりと注ぎ、いつまでも自分の手元に置いておきたい。それが女性の「本能」なのだと思います。

 

そんな「習性」を、私はかなり早い段階で見抜いていました。だから父親よりも母親に懐くそぶりを見せ、何かお願い事がある時は、全て母親経由にしました。その結果、子供の時に欲しい物は「全て」手に入れることに成功しました。

 

今の仕事でも同じです。なぜ女性向けにやっているのかと聞かれることがありますが、その方が圧倒的に「売りやすい」からです。女は女に厳しいですが、男には甘いです。特に、見た目がシュッとしていて、若い男には。それをそのまま「当てはめて」いるだけです。

 

息子を連れた母親なんて、そこら中にいますが。それをじっと観察して、仕事に結び付けて考える人なんて滅多にいません。こういうことが出来るようになると、あなたの仕事の幅も、物の見方もグッと広まります。

 

以上、女の生態観察と見せかけて、仕事の話に結び付けるという、私の大得意な記事でした。

blog.kensasano.tokyo