SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

書きたい人は多く、読みたい人は少ない

ブログに限らず、活字というのはどんな時代でも、書きたい人は多く、読みたい人は少ないものです。それをよく考えておかないと「不満」しか残りません。

 

なぜ読んでもらえないのか。どうしたらアクセスが増えるのか。あなたも悩んでいると思いますが、それは「当たり前」の話です。世の中にこれだけ書きたい人が多く、読みたい人は少ないのです。そうなると当然のように「過当競争」になります。

 

時間は限られています。どんな人でも24時間しかありません。その限られた時間を、多くの人で「取り合っている」というのが現代の特徴です。テレビもネットもyoutubeもアマゾンプライムもNetflixもあります。あなたのブログは、それらと比較されます。他の人の書いた文章とも比較されます。その中でよっぽど「面白い!」と思われたものだけが、ようやく読んでもらえます。

 

ブログが流行したことにより、文章を誰でも自由に書いて発表できるようになりました。本を出したいという人も多く、自費出版で出す人もたくさんいます。その一方で、日本の成人の48%は、月に一冊も本を読みません。二人に一人は月に一冊も読まないということです。この数字は年々増えています。出版不況は若者だけのせいではありません。大人も本を読んでいないのです。

 

まとめます。書きたい人や読んでもらいたい人は年々増えています。が、読みたい人は年々減っています。それに加えて、世の中のコンテンツの量は飛躍的に増加し、みんなで個人の時間を奪い合っています。その中で戦っていかないといけない、ということを、よく覚えておきましょう。

 

ブログで集客するとか、ネットやSNSを駆使してPRするというのは、そういう状況で多くのライバルと戦っていくということなのです。だからこそ戦略が大事であり、その戦略を、私は日々、ネット初心者に教えています。その結果がこれです。聞きたい人にはいつでも教えます。

blog.kensasano.tokyo