お金の悩みや不安を解消したい女性起業家向けブログ集客コンサルタント笹野健

貯金が無い、老後に生活できるか不安、収入(給料)が低いという、お金の悩みや不安を解消する為に、12年間で3,600名以上の女性の相談に乗ってきました。お金、運気、金運、ブログ集客、SNS、SEO対策、起業、成功術、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

本所吾妻橋の塩メロンパン【エッセイ】

本所吾妻橋という、都内在住者でもすぐに場所が出てこない駅に、そのお店はある。愛媛県八幡浜市にある「塩パン屋」の東京一号店だ。

tabelog.com

 

愛媛の本店では一日に6,000個も売れるとのこと。正直、愛媛にそんなに人がいるとは思わなかった。それだけ「よく売れている」ということか。

 

去年の夏場に行った時は、まさかの臨時休業。今回、満を持してリベンジを果たしてきた。浅草駅前から隅田川を渡り、ずっと真っ直ぐ。大きな交差点に当たったら、左に一つだけ横断歩道を渡った角にある。今日はやっている。良かった。

 

店内は販売スペースと製造スペースに分かれている。ショーケースに並んだパンの種類は少ない。が、次から次へと客が入ってくる。迷うことなく塩パンと塩メロンパンを購入。これでたった250円。suicaで払えるのも嬉しい。最近は有料になったレジ袋も、ここでは無料で付けてくれる。これまた嬉しいサプライズ。

 

店内奥には、イートインスペースも。コーヒーは50円だった。どんどん焼いているので、焼き立てをここで食べるのは、確かに「アリ」だなと思う。サラリーマンが一人いたが、かなりの常連と見た。こういう人は、きっと仕事が出来るに違いない。

 

翌朝、パンを温める専用のトースターで数分。見事に食感復活。焼き立て感アリアリ。たった一言。めちゃくちゃ美味い。これは流行るわ。と、二言も出てしまったのはご愛嬌。

 

愛媛県八幡浜市で1日に6,000個売れるなら、東京なら一万個売れてもおかしくない。生産能力がもっと増えれば、更に個数は伸びる。それだけの味がする。

 

うわぁ〜近くにお店あったらなぁ〜と歯ぎしりしてしまう。だって一個100円とか150円ですよ奥さん。そりゃ買いに行くでしょうよ、近所にあったら。

 

本所吾妻橋までは、都営線を乗り継いで30分強。ちと遠い。他に何も用事が無いエリアなので、これを買う為だけに行くのは、若干気が引ける。が、行きたい。という葛藤と、この日以来戦っている。今年いっぱいくらいは続くと思う。

blog.kensasano.tokyo