ブログ・アメブロ集客の方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

お金持ちであり続けるのに必要な三つの習慣

お金持ちであり続けるのに必要な三つの習慣があります。

① ケチであること

寂しがり屋ではないこと

③ 見栄を張らないこと

 

① ケチであること

お金持ちは「良い意味で」ケチです。不必要で余計な出費を、とにかく嫌います。自分が必要とすれば、高額でもポンと支払いますが、嫌悪感を示すものには、1円も払いません。そういう「メリハリ」が、お金持ちであり続けるには必要です。

 

多くの人がお金に困るのは、不必要なことにお金を使い過ぎるからです。収入が少ないとか、貧しい家庭で育ったとか、一切関係ありません。つまり、お金の「使い方が下手」なのです。だからお金が手元に残らない。そういう単純な仕組みを、まずは理解しましょう。

 

寂しがり屋ではないこと

寂しがり屋は、お金がかかります。外出して人と会うと、交通費も飲食費も洋服費もかかります。それを繰り返すとお金が無くなるのは当然です。

 

一人で家で過ごすことが出来れば、余計な出費は避けれます。ひたすら本を読んだりゲームをしたりアマゾンプライムビデオで映画を楽しんでいれば、大したお金はかかりません。

 

③ 見栄を張らないこと

高級外車や時計・服なんかに、お金を費やす成金が多いですが、そういう人は欲が強いので「もっともっと」欲しがります。だから、お金がどんどん出て行って、手元には残りません。

 

飽きっぽい人も多く、全体的にセンスが悪いです。他の人が持っていると、自分も欲しくなる。世界に○台と言われたら、買いたくなる。子供の頃から、精神的には成長していません。

 

ものすごく貧しい家庭で育って、おもちゃを買ってもらえなかった。その時の「復讐」を、大人になってやっている人も、けっこう多いです。

 

お金の使い方をしっかり学び、群れずに一人で淡々と過ごし、決して見栄を張らない。これだけで、あなたの手元には、お金が残るようになります。よく分からない節約術とかより、はるかに効果は高いです。

 

【まとめ】

・ケチで、孤独に強く、見栄を張らなければお金は残る

・お金の使い方をしっかり学ぶことが大事

→お金の増やし方と使い方、お金持ちになる方法