SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

起承転結にこだわったブログは長くて読みにくい

義務教育では、起承転結で文章を書きましょうと教えてもらいました。それを大人になっても、ずっと守り続けている人がいます。真面目な優等生タイプです。残念ながら、ビジネス文書やブログでこれをやると、出来ない人だと思われます。

 

そもそも、起承転結というのは、長いのです。読む側は、そこまで時間を取られたくありません。集中力も続きません。読んでいる最中に、結局、何が言いたいのか、分からなくなります。 

 

人と会話する時、起承転結にこだわる人はいません。LINEのやり取りでは特に、短い文をポンポンと送り合います。それが「分かりやすい」からです。ビジネス文書でもブログでも、読みやすいものは、起承転結にこだわっていません。その方が伝わりやすいということを、書き手がよく理解しているからです。

 

私のブログは、結論を先に書いています。記事のタイトルと、冒頭の三行で、全て言い切っています。それを徹底しているので、最後まで読んでもらえるのです。起承転結の結だけで、終えることも多いです。起も承も転もありません。不要だからです。

 

女性同士の会話では、起も結もありません。承と転を延々と繰り返しています。だから伝わらないのです。ブログでも同じことをやらかしている人が、とても多いです。あなたのブログが読まれないのは、長くて分かりにくいからです。何が言いたいのか、伝わらないからです。そのことをよく理解しているかどうかで、読まれるか読まれないかが、大きく変わってくるのです。

blog.kensasano.tokyo