お金の悩みや不安を解消したい女性起業家向けブログ集客コンサルタント笹野健

貯金が無い、老後に生活できるか不安、収入(給料)が低いという、お金の悩みや不安を解消する為に、12年間で3,600名以上の女性の相談に乗ってきました。お金、運気、金運、ブログ集客、SNS、SEO対策、起業、成功術、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

はま寿司デビューはまさかの田園調布【エッセイ】

去年あたりから、はま寿司の良い評判を頻繁に聞くようになった。それなら一度行ってみたいなと思ったが、近くにお店がない。高田馬場にあるが、そこまで行くなら他のものが食べたい。ということでずっと「保留」になっていたのだが。この度チャンス到来。

 

目黒から横浜に行く時に通るのが多摩川。沿いに見晴らしの良さそうな神社がある。そこがずっと気になっていて、天気の良い日に行ってみようと決意。Googleマップで調べてみると、すぐ近くにはま寿司発見。まさかの田園調布店。ということで、いざ出陣。

 

初めて降りた多摩川駅。改札を抜けてすぐに三つも出口があり少々戸惑う。とりあえずまっすぐ行って、ここかな?という道を登って行ったら看板が。

f:id:kensasano:20210130120819j:image

 

お昼時だが平日ということもあり、空いている。一人なのにテーブル席へ。贅沢なデビュー戦だ。メニューはあらかじめネットで見ていたが、見開き2ページで見やすいのが置いてある。コロナの影響か、お皿は全く回っていない。作ってから時間が経ったものを食べるのが嫌派なので、むしろ助かる。フードロスも無くなり良いことだと思う。

 

家で見た時点で決めていた、マグロ三種盛りとサーモン三種盛りを注文。驚異的なスピードでやってきた。どこかで見てた?と思うくらいの早さ。暇だったんだろうか。せっかちな江戸っ子にはありがたい。

 

驚いたのが醤油の量。たくさん入っているという意味ではなく、5種類もある。ちょっとゴレンジャーっぽく並べてみた。

f:id:kensasano:20210130120843j:image

 

はま寿司特製のだし醤油はもちろんのこと、個人的に大好きな、甘ったるい九州のさしみ醤油もある。ポン酢も日高昆布醤油も、東日本の店舗限定の濃口醤油もある。これだけで楽しい。

 

タッチパネルの画像の粗さはご愛嬌。単純にお寿司の美味しさとしては、くら寿司よりも数段上に感じる。スシローは最近行ってないが、はま寿司が美味しいということは間違いない。

 

ほたて(北海道・青森産)、活〆真鯛(四国・九州産)、水たこ(北海道産)、活〆寒ぶり(愛媛宇和島産)、トロいわしなんかも食べて合計990円也。どうなってるんだ、このシステム。

 

100円のお寿司屋さんなのに、気付いたら150円の皿ばっかり食べていた。そのくらい「そそられる」ネタがこの日は多かったということ。また絶対に来ようと思った。上々のデビュー戦だ。

 

おまけに、気になっていた多摩川浅間神社の写真もどうぞ。とてもきれいでした。

f:id:kensasano:20210130120920j:image
f:id:kensasano:20210130120913j:image
f:id:kensasano:20210130120925j:image

blog.kensasano.tokyo