個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

日陰で風通しの良いところがあなるら教えてほしい【エッセイ】

ちょっと質の良いモノを買うと、注意書きの紙なんかが同封されていて、 洗濯時の注意が書かれてある。そこには必ずといっていいほど「日陰で風通しの良いところで干してください」と記されている。これにどうも納得がいかない。

 

そもそも日陰というのは屋根があるから日陰な訳で、ベランダ以外は室内ということになる。室内ということは、そこまで風通しはよくない。

 

それと、室内には濡れたものを干すことは出来ない。お風呂に室内乾燥機がある場合は別だが、無い家もまだまだ多い。(ちなみに我が家にはある)

 

つまり、風通しの良いところというのは、必然的に屋外になってしまうのだ。ということは、ベランダが最優先候補として挙げられる。しかし、ベランダは日が当たる。ということは・・・。

 

こんな堂々巡りをしているうちに、日陰で風通しの良いところは見つからずに、濡れた洗濯物だけが右往左往することになる。

 

この注意書きを最初に作った人は、きっと「地方の名士」なんだと思う。自宅の側には離れか何かがあり、広々とした屋根付きの敷地がある。もちろん風通しは良い。そこに物干し竿を用意し、文字通り日陰で風通しの良いところを作り上げたのだ。ここに干しておくと、生地も傷まず、長く使い続けることが出来る。

 

ということを前提として書かれた注意書きが、令和にも伝承されているという訳だ。やはり、どうにも納得がいかない。

blog.kensasano.tokyo