女性専門のブログ集客コンサルタント笹野健

女性にブログ集客のコツ、方法、書き方、起業の成功術を教えているコンサルタントです。起業して13年間、一度も宣伝も広告もせず、ブログ集客のみで3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

毎日使うモノにお金をかけると品性が身に付く

毎日使うモノにお金をかけると品性が身に付きます。ほとんどの人は、普段めったに使わないモノにお金をかけようとします。一張羅といって、高額なドレスを買い、着るのは年に1〜2回です。それを毎年のように買い足すので、めったに着ない高額なドレスが、クローゼットに何着もあるのです。

 

お客様が来た時用にと、高級なカップを用意しています。そういう家に限って、お客様はめったに来ません。家族は100均のカップで、お茶を飲んでいます。お皿もお箸も全部100均です。これをスリッパでもタオルでも、寝具でも全てやっています。典型的な、金運のない家庭です。

 

お金持ちは、毎日使うモノにお金をかけています。上質なモノを使うと、モノを大切に扱うようになります。そうすると、知らず知らずのうちに、品性が身につきます。高級品には、商品そのものの料金の他に、所作を学べる料金も加算されているのです。だから高いのです。

 

高級品といっても、毎日使うことを考えれば割安です。値段を365日で割れば、1日あたりいくらか分かります。1万円のグラスでも、毎日使えば、たった27円/1日です。そう考えると、高くないと思えます。

 

私は小さい頃から「毎日使うモノにはお金をかけなさい」と母親に教えられました。それを今でも守っています。お皿も包丁もタンブラーも、高級品を当たり前のように使っています。ご飯を炊く時は、炊飯器ではなく土鍋です。バスタオルは1万円しましたが、肌触りと拭き心地を考えると、とても良い買い物をしたなと思います。

 

人というのは、日々の習慣で出来ています。100均のモノを毎日使うのと、高級品を毎日使うのとでは、大きく違ってきます。端的に現れるのは、モノを大事にする精神と、その所作です。それらをまとめて「品性」と呼びます。

 

家の中にあるモノを全て、高級品にする必要はありません。出来るところからで充分です。タオル一枚なら、1,000円くらいで買えます。まずはそれを使ってみて、100均との違いを体感してみる。次は違うモノを、高級品に変えてみる。そうやって少しずつやっていけば良いのです。気付いたら、あなたにも、立派な品性が身に付いています。

blog.kensasano.tokyo