お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

声が大きいとそれだけで嫌われる

声が大きい人は、他の能力が優れていても、それだけで嫌われます。損だなと思います。

 

いくら頭が良くて、行動力があって、実績を残していても、声が大きいだけで耳を塞がれるのです。そのくらい、声の大きい人を嫌悪している人は多いということです。

 

地声が大きいのは仕方ありません。職業によっては、声を張ることも必要かもしれません。が、それをどこでも関係なくやってしまうと「アウト」だということです。

 

自分の声が大きいとか、よく響くと認識しているのであれば、他の人の迷惑になるかもしれないので、小さな声で話すといった「配慮」が必要です。が、声の大きい人は、なぜか開き直っています。声が大きいのは仕方ないとか言って、気を使おうとしません。これが嫌われる原因です。

 

前にも書きましたが、声の大きい人に限って、その話はつまらないです。

blog.kensasano.tokyo

声が大きい時点でアウト。つまらない話を周囲に撒き散らしている点でアウト。この時点でもう「ダブルアウト」なのです。一瞬でそこまで嫌われる人種は、他になかなかいません。

 

私は声が大きい人がとにかく苦手です。同じ車両に声が大きい人がいると、次の駅で車両を変えます。居酒屋の場合は、すぐにお店を出ます。本屋さんにそんな人がいると、他のコーナーにすぐ移動します。

 

携帯電話で大声で喋っている人もダメです。街中で社内のマル秘事情を話したり、取引先とのあれこれを話せる、その無神経さが理解できません。そんな人と同じ行為をしたくないので、家族以外、ほぼ誰にも携帯番号を教えていません。かけてきてほしくないのです。

 

人は、相手の声が小さいと、聞こうとして耳を傾けます。相手の声が大きいと、耳を塞ぐか、その場から立ち去ります。本能的にそうなっているのです。

 

成金の一発屋は声が大きいです。だからすぐに消えていきます。成功し続けている人や、代々のお金持ちは声が小さいです。このことからも、いかに声のヴォリュームが大事かということが説明できます。

blog.kensasano.tokyo