お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

「お取り寄せ特集」に飽きた男のブルース【エッセイ】

コロナで増えたのが「お取り寄せ特集」だ。メディアでよく見かける。雑誌なんて、必ず毎月どこかでやっている。猫も杓子もお取り寄せ、お取り寄せと言っているが、これ、もう飽きてる人が多いんじゃないかと思う。

 

そもそも、お取り寄せってそんなにします?という人が多いような気が。よっぽど買い続けている物や欲しい物なら分かるけど、そういう物が無い場合、わざわざお取り寄せしてまで買いたいとは思わない。

 

旅行に行けないから、せめてお取り寄せで楽しみましょうと言うが、ちょっと待て、と思う。ああいうものは、旅行に行って、そこで初めて知ったり、食べてみることに「意義」がある。そこまで「込み」でワンパックなのだ。それを全てすっ飛ばして、芸能人が紹介するからとか、スタジオで食べてる様子を紹介するから買ってねというのはちょっと違う気がする。

 

同じことは「家飲み特集」にも言える。こちとら大の酒飲みだが、酒は居酒屋で飲むから良いのだ。それを家で同じように楽しみましょうとか言われても、そんなもの楽しくもなんともない。

 

本当に居酒屋と同じような気持ちになるには、家の前に赤提灯を飾り、暖簾を掲げ、見えるところには黄色の短冊メニューがズラッと必要になってくる。料理担当のご主人と、それを甲斐甲斐しくサポートする女将さんもいるし、一枚板のカウンターも必須。端の方には常連の「山ちゃん」みたいなおじさんもいる。

 

テレビではニュースが流れていて、東京都の感染者数が発表されたタイミングで「なかなか減らないねぇ・・・」みたいな会話も必要。そこでしゃしゃり出てくる山ちゃん!という展開も考えられる。

 

完全にお取り寄せ特集とは話が変わってきたが、それも仕方あるまい。なんせ、こちとら飽きてるのだ。お取り寄せとかしないのだ。これだけテレビも雑誌もあるのに、みんな同じことしかやらないのは、ちょっと異常だなという気がする。

blog.kensasano.tokyo