女性専門のブログ集客コンサルタント笹野健

女性にブログ集客のコツ、方法、書き方、起業の成功術を教えているコンサルタントです。起業して13年間、一度も宣伝も広告もせず、ブログ集客のみで3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

寺門ジモン考案!池袋キッチンABCのカレー風味焼肉定食【エッセイ】

池袋と言ったらキッチンABC、と、もう決まっている。かれこれ8年くらい通っている。

www.kitchenabc50.com

最初に知ったのは、寺門ジモン氏の本だった気がする。氏の考案した「カレー風味焼肉定食」なるものがあり、猛烈に食べたくなって、翌日に食べに行った。これが美味いのなんの。それ以来ハマってしまい、今でも足繁く通っている。

 

東口と西口の両方にお店があり、いつもはジュンク堂書店本店の隣にある東口店に行くのだが。初めて西口店に行ってみることに。東京芸術劇場のアトリエで開催中の「森山大道 写真展」のついでなので、ちょうどいい。西口店は劇場のすぐ裏にある。

 

思ったよりも狭い店内。カウンターはコロナ対策で一席ずつ仕切られている。嬉しいがちょっと窮屈。運良くすぐに席に着けて、一応メニューを見てみる。日替わりも良いし、冬場はカキフライ定食もある。この冬はまだカキフライ食べてないなと思い出し、かなり気持ちが持って行かれる。が、ここはやはり「カレー風味焼肉定食」で。こういうところ、かなり一途。

 

カウンターの楽しみは、作っているのが見えるところ。料理好き男子としては「特等席」だ。ここの店員さんはみんな作るのが異常に早い。次々に入る注文を、少人数でこなすので、ちんたらやってられない。

 

おっ。豚バラ投入。あれ、俺の肉。そんなことを思いながら観察している。途中で玉ねぎを追加。最後に何か振りかけた。あれが秘伝のカレースパイスか。缶を見たら「S&B」と書いてある。普通に売っている業務用のものらしい。

 

ご飯の盛りも良い感じ。お味噌汁がまさかの豚汁。豚が被ったが気にしない。豚汁、大好き。まずはカレー風味の肉を。うん、今日も異常なし。そう。ここには「確認」に来ているのだ。いちいち美味いとかまずいとか言わない。だって知ってるもん、実力は。

 

メニューが豊富なので、みんな色んなものを頼んでいる。きっとそれぞれに「俺のキッチンABC」があるのだろう。値段も安い。どれを頼んでも1,000円以下。出てくるのも早い。昭和44年の創業から、激戦区の池袋でずっとやってこれた理由が分かる気がする。

blog.kensasano.tokyo