フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

自宅サロンの住所は公開or非公開?

「自宅サロンの住所は公開した方が良いのか非公開でも良いのか、どちらでしょうか?」と、サロン初心者の方に相談されました。

 

公開出来るのであればした方が良いと思います。その方がお客様が安心するので。スマホで住所を入力すると、すぐにルートを教えてくれます。地図の読めない人にとっては、ありがたい機能です。

 

プライバシーの観点で非公開にするのであれば、出来る範囲で近くまで表記しておきましょう。そうしないと、どこにあるのか分からず、お客様に不安感を与えることになります。

 

・東京都内のサロン

・東京都文京区のサロン

・東京都文京区音羽のサロン

・東京都文京区音羽一丁目のサロン

 

一見、同じように見えますが、お客様に与える安心感はまるで違います。出来る範囲で近くまで表記しておくというのは、こういうことです。

 

あるいは駅名で書いてあげることです。「メトロ有楽町線の江戸川橋駅から徒歩2分」と書いてあれば、あの界隈なんだなと想像できます。有楽町線は埼玉の方にも乗り入れしているので、路線名を書いておけば、そちら方面の人でも行きやすいなと感じます。

 

もしくは、分かりやすい目印を書くというやり方もあります。近くにイオンがあるのであれば、そのすぐ近くだと書いておけば、近所の人は「あそこか」と、すぐに分かります。

 

というように、非公開にするにしても、色んなやり方があります。自分が初めて訪問するお客様になった時のことを考えましょう。その際、どんな情報があれば助かるか。安心できるか。そこを徹底的に考えるのです。

 

人気のあるサロンというのは、こういうことがきっちりと出来ています。要はサービス精神であり、相手の立場にたって考えることが出来ているということです。施術のレベルはいきなり上がりませんが、これなら初心者でもすぐに出来ます。まずはそういうところから始めていきましょう。それが人気サロンになる為の第一歩です。

blog.kensasano.tokyo