個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

花粉症対策でグルテンフリー生活を始めた件【エッセイ】

花粉症をなんとかしたいと思い、あれこれ調べていたら、グルテンフリーというのを知った。なんとなく言葉としては聞いたことがあるが、きちんと読んでみると「小麦粉を抜く」ということらしい。これは困った。と思いながら、花粉症が軽減できるならと思い、実践してみることに。

 

何が困ったかというと、小麦粉が入っている食べ物一覧というのがあり、そこを読んでみると、私の「主食」ばかりだったから。

 

朝はパン派で、昼はほぼ毎日、麺類を食べている。酒を飲む際はビールを1リットルくらいは飲むし、その際にはピザとか食べたりする。唐揚げや餃子もよく食べる。つまり、日常がほぼ「小麦粉だらけ」なのだ。そんなことにようやく気付いた38歳。まだまだ知らないことがあるなと思った。

 

さて。どうしたものか。まずは朝にパンを食べるのをやめてみた。パン屋さんが大好きで、パンの本もたくさん読んでいる身としては、これは正直つらい。今だけの我慢だと思い、パンにしばしの別れを告げる。

 

次に昼食だが、ラーメンもパスタもうどんも蕎麦もNGなので、かなり困る。代替食として、フォーや春雨が紹介されていたが、そんなもの食べた気にならないし、ダイエット中のOLでもあるまいし。ということで、妥協案として「餅」を購入。これならトースターで焼き、スープ的なものに入れれば、手軽に食べれそうだ。

 

後は米。ひたすら米。卵かけご飯の醤油を「焼肉のタレ」に変えてみたら、これが絶品。思わぬレシピが手に入った。こんな発見もあって、なかなか楽しい。夜は魚や肉をおかずに、米と味噌汁。それにキャベツか豆腐。酒は飲まない。

 

こうして二週間ばかり小麦粉を抜いてみると、花粉症が人によっては「完治」するとのこと。それなら二週間くらいは我慢できそうだ。他にも不眠が治ったり、肌ツヤが良くなったりという効果もあるらしい。

 

こうして考えてみると、小麦粉が体に及ぼす影響は多大だということがよく分かる。が、世の中の美味しいものには、だいたい小麦粉が入っている。あぁ悩ましい。寝て、起きたら、二週間経ってないかなと、毎日思っている。

 

blog.kensasano.tokyo