ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

レジ袋有料化に続いてスプーン有料化とか勘弁してほしい【コラム】

この人、これほど「ポンコツ」だとは思わなかった。と思っている人が多い気がするのが小泉進次郎環境省だ。レジ袋でも「たいがい」なのに、スプーン有料化とか勘弁してほしい。スプーンを持ち歩くとか、衛生的にどうかと思うし、こんなことでゴミは減らない。

www.yomiuri.co.jp

レジ袋が有料化されて、本当に不便になった。買い物に行くたびに「袋持ったかな?」と確認しないといけないし、出先で何か買おうと思っても、その度に2円とか5円とか取られるのはどうも釈然としない。今まで無料だったものにお金を払うということに、抵抗感のある人は多いと思う。

 

便乗して紙袋まで有料になっているのもよく分からない。しかも10円とか20円する。買ってから家に持って帰るまでしか使わないのに、ゴミ出しにも使えるビニール袋の5〜10倍の金額を払うのは馬鹿らしい。

 

レジ袋有料化に伴い、こぞってエコバックが販売された。色んなブランドやお店がオリジナルのエコバックを製作し、もはや「エコバック戦争」の様相を呈していたが。エコバックを一つ作るのに、レジ袋の何十倍もの原料を使うとのこと。それなら今まで通りの方が環境には優しい。これを「本末転倒」と言う。

 

海にプラスチックゴミが付着して汚れるというが。そんなゴミ、日本でそうそう見たことない。海のすぐそばで生まれた私が言うのだから間違いない。もちろんゴミは落ちているが、それは流木であったり、空き缶であったりな訳で、レジ袋がびっしり海岸線を埋め尽くすことなんて本来あり得ない。

 

東京都内では、専用のゴミ袋をわざわざ買う必要がなく、レジ袋をゴミ出しに使っている人がほとんど。スーパーやコンビニで袋をもらい、それをゴミを出す際に再利用するので「無駄」はない。もし海洋にゴミが出るとしたら、ゴミ処理場での処理の仕方の問題なはず。つまり利用者には何の関係もない話なのだ。

 

もっと言うと、ゴミが一番出るのは、各企業が作っている製品の容器や包装だ。今はかなり減ったが、ユニクロで一枚シャツを買うと、どれだけプラゴミが出たか。食品関連は特にプラごみがたくさん出る。パッケージも中の仕切りも全てプラ。そっちを改善した方がよっぽど効果は大きいのになと思う。

 

小泉進次郎って、小池百合子に似てきた。何かしら「自分がやりました」という痕跡を残すことに必死になっている感じがする。そういえば「クールビズ」も小池百合子が環境大臣の時に始まった。環境省には、何かしらそういうことをやらないといけないルールでもあるのだろうか?

blog.kensasano.tokyo