フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

密を避けたいと思いながらエスカレーターに殺到する日本人【コロナ関連】

本当に不思議だなと思うのが、駅のエスカレーター。マスクをして、車内では出来るだけ他人と距離を取ったり、話さないで静かにしているのに、エスカレーターに殺到する人が多い。

 

私は普段からエスカレーターは使わず、階段を利用している。しかも、上りは一段飛ばし。こうして太ももとお尻の筋肉を鍛えているのだ。どこの駅でも階段はガラガラで、こっちの方が断然早いし密も避けれる。みんなそうすれば良いのになと思うのだが、そんなことをやっている人は滅多に見ない。

 

もちろん、足の不自由な方やキャリーバックを持っている人はエスカレーターを使うべきだ。その為に設置されている訳だし。それと東京の地下鉄に多いのだが、異常に長いエスカレーターが設置されている駅は、階段自体が無かったりするので、エスカレーターを使わざるを得ない。永田町駅の半蔵門線とか、千代田線の新御茶ノ水駅とか、都営地下鉄の大江戸線なんかはそうだ。

 

が、そうでもないところでも、頑なにエスカレーターを使おうとする人が多く、そこで密が発生して混雑している。たった10メートルくらいの階段を、軽そうなバックを持った人が登れない訳がない。その気が無いのか、そういう発想が無いのか、少しでも楽をしたいのか。いずれかの理由で使おうともしない。

 

これって、つくづく人生に似ているなと思う。ほとんどの人は頭を使わず、疑問にも思わず、惰性や慣れや習慣で行動する。そこで時間をロスしたり健康を害したり他人とぶつかってトラブルになったりする。

 

これを回避するには、ほんの少しだけ視野を広く持ち、そういうやり方もあるかも?と自分の頭で考えることだ。そういうことを普段からやっている人の頭はどんどん良くなり、頭を使うのが面倒だとか、別に今のままで良いじゃないかという人の頭は悪くなる。これが収入にモロに直結し、富める者とそうでない者の差が広がる。

 

たかがエスカレーターくらいで、と思うかもしれないが、人生の大半は、こうした些細なことで差がつく。ということを知っていると、あなたも「こっち側」の人間になれる。

blog.kensasano.tokyo