法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

末尾が「8円」や「9円」の端数価格に効果はあるのか?

自宅サロンをやっている方から「価格設定に迷っています。8円や9円の端数価格にした方が、お客様はお金が払いやすいのでしょうか?」と相談を受けました。

 

自分が普段、買い物をしているお店の料金表示を思い出してみれば、答えが出てくると思います。その際、どんな数字に「反応」しているか。それを思い出しましょう。

 

多くのスーパーでは末尾が「8円」です。バナナが一房98円、玉ねぎ一袋198円、牛肉1パック580円というように設定されています。コンビニのパンは、税抜き価格の末尾が「8円」で、それが大きく表示されています。

 

ニトリやヨドバシカメラは商品によってバラバラです。無印良品とユニクロは、1,990円や2,990円のように末尾が「9円」です。というように、同じ日本の企業でも統一性はありません。どれが正解ということではないのです。

 

傾向として言えるのは、日常的に買うものや単価の低いものは、末尾が「8円」という場合が多いということです。そういうものこそ価格に敏感になる人が多いので、少しでもお得感を与えた方が売れやすいのかもしれません。

 

あなたの売っている商品やサービスの単価と近い商材をネット上で探し、それを研究するというのも良いやり方です。大手企業や有名店が時間とお金を使ってマーケティング調査をしてくれています。それを上手に利用させてもらいましょう。

 

いずれにしても、考えるべきことは次の二つ。

・普段、自分が買い物をする時にどの数字に反応しているか

・あなたのお客様が払える金額

 

ここが「一致」したところが、適正価格に限りなく近いということです。が、それもあれこれ試してみないと分かりません。去年は2,980円で良かったのに、今年は2,990円が良いということもあるのです。

 

ネットであれば、料金表示はすぐに修正出来ます。一週間や二週間単位で反応を見てみたり、月ごとに変えたり、シーズンごとに変えることも可能です。そうして試行錯誤し続けることが、料金設定には大事です。

blog.kensasano.tokyo