法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

選挙で選ばれる人は全員「成果報酬」にするべき【コラム】

政治家や議員に文句を言う人が多いが、その理由を辿っていくと「大した仕事してないのに、税金から高い給料もらいやがって」ということになると思う。それなら、選挙で選ばれる人は全員「成果報酬」にすれば良いのでは?と思った。

 

庶民から見ていると、政治家や議員の大半は「選挙の当選がゴール」に思えてしまう。一度当選してしまえば、任期中は決まった報酬がもらえる。それなら目立たず騒がずつつがなくやっておけばそれで良い。そんな人が多いように、どうしても見えてしまう。

 

選挙の時はやたらと威勢が良いのに、その後は全く音沙汰無し。気付いたら次の選挙にも出馬し、同じような公約を掲げている。そんな人が多いのも、政治家や議員の共通点と言える。

 

基本給を「ゼロ」にして、公約の達成度合いに応じて報酬を出すというカタチにすれば、ほとんどの政治家や議員はお金に困るだろう。仮に出馬するにしても、絶対に実現できることしか口にしないに違いない。嘘ばっかり並べられるより、その方がよっぽどスッキリする。

 

小池百合子都知事の公約にあった「7つのゼロ」は全く実現していない。待機児童も、介護離職も、残業も、都電の電柱も、満員電車も、多摩地域の格差も、ペットの殺処分もゼロにはなっていない。

 

それでもこの記事によると、年収は1,448万円で、1期目の退職金3500万円も満額受け取ったとのこと。

diamond.jp

今や「フリップ芸人」くらいにしか都民は思っていないが、本人からすると屁でもないだろう。公約が実現しようがしまいが、下手を打たない限り、お金はもらえるからだ。

 

外国に比べて、日本の議員報酬は高すぎるとよく言われる。日本がその政治形態を真似したと言われているイギリスでは、上院議員(貴族院)は無報酬だ。これは資産がある貴族が世襲制でやっているので、それでも大丈夫だろうと思うが。

 

驚くのは地方議員も同じく無報酬とのこと。あくまでボランティアという意味合いが強く、昼間に仕事があるので、会議は夜に行われることも多いのだとか。

 

国民の負担を減らす!とか、国民の為を思った政治の実現を!とか言って選挙に出る人は多いが「当選した暁には無報酬でやります」という人は見たことがない。そんな人がいるなら、確実に投票するのにな。

blog.kensasano.tokyo