フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

風水に頼り過ぎると成果が出ない理由

なんでもかんでも風水に頼り切っているわりに、いまいちパッとしない人が多いです。なぜそんなことになるかというと、風水だけやっておけば良いと思い込み、肝心の実力を磨こうとしないからです。これが成果が出ない理由です。

 

風水というのは、本来は「住居学」です。太陽のエネルギーを存分に活かし、風の通りを良くして、水回りをきれいにしておきましょうねというのが、本来の風水です。それ以上でもそれ以下でもありません。

 

どの風水の本にも、玄関をきれいにしておいた方が良いと書いてあります。家の入口は玄関なので、そこが汚れていたり、空気が澱んでいると、風の通りが悪くなるからです。それは占いでもなんでもありません。極めて常識的なことです。

 

水回りをきれいにしておかないと、水垢が溜まったり、水の流れが悪くなります。これまた常識の範囲内の話です。他にも、観葉植物を置いておくと運気が上がるというのは、生物が光合成をするという、科学的に考えたら「当たり前」の話です。

 

あなたに仕事を依頼する人は、あなたの仕事の実績を見て依頼するかどうかを決めています。風水をやっているかどうかは関係ありません。売れている風水師はそのことをよく分かっているので、過去に何人の鑑定をしたとか、有名な芸能人の家を見たとか、メデイアの出演実績をプロフィールに書きます。

 

風水に凝るのは決して悪いことではありませんが、それだけでは物事は改善しません。それよりも大事なのは、あなたの実力を磨くことであり、実績を積み上げることです。

 

運の良い人ほど、運に頼っていません。日々コツコツと実力を磨き続け、結果として運に恵まれています。運の悪い人ほど、運に頼り切っています。風水に頼ればそれで大丈夫だと思い込み、次から次へと色んなことを試し、結局、一歩も前に進んでいません。

 

そういう状況から脱するには、風水に頼り過ぎないことです。やるだけやったら、そこで一旦やめておきましょう。風水の効果に頼るより、実力で道を切り開く方が成果は早く出ます。そう信じて行動に移せる人が、運の良い人です。

blog.kensasano.tokyo