法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

男のプライドを確実に傷付ける女のひと言

男のプライドを、確実に傷付ける女のひと言があります。目の前で「他の男のことを」かっこいいと、言うことです。これは、どんな男でも嫌がりますが、結構な割合で女性はこれを、無意識のうちにやっています。

 

男というのは、生まれつきプライドの高い生き物です。これはもはや本能レベルで、インプットされています。プライドが低そうに見える人ほど、実はプライドが高いです。「僕なんて・・・」とか言う男が、一番危険です。謙虚にふるまっておきながら、陰ではものすごく負けず嫌いです。プライドが高そうに見える人は、本当にプライドが高いです。

 

要するに、男というのは、どんな人でも負けず嫌いで、プライドが高いです。当然、他の男に負けたくありません。特に、見た目の話には敏感です。生まれつきの問題であり、本人にはどうしようもない問題だからです。そこを分かっているから余計に、他の男が褒められると悔しいのです。

 

私はよく家の近所で、芸能人を見かけます。この前、○○さん見たよ、と女性に言うと。必ず「かっこよかった?」と聞かれます。この時点で、私の気持ちは完全に冷めてます。そもそも、芸能人をそういう目では見ていません。ただ単に、そこにいたから、そこにいたと言っているだけです。

 

女性は、かっこいいという言葉を、頻繁に使います。もはや、おはようとかこんにちはとか、日常的な挨拶レベルで多用します。が、男にはそういう概念がありません。自分のことを一番だと思いたいし、そう扱ってほしいのです。それを無視して「わざわざ」目の前で、他の男をかっこいいと言う。これが、男のプライドを、確実に傷つけているということに、気付いている女性はほぼいません。

 

どうせ、芸能人だし良いじゃないかと、女性は言いますが。男にとっては、そういう問題ではありません。芸能人であろうが、スポーツ選手であろうが、男と男の戦いなのです。しかも、相手は、生まれつきかっこよかったり、身体能力が優れているので、余計に悔しいのです。

 

ということが分かったら、もうやめましょう。男の前で、他の男をかっこいいと言うのは。これをやめるだけで、相手からの態度が、急激に変わります。これ、本当の話です。騙されたと思って、やってみてください。

blog.kensasano.tokyo