フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

ブログには「あなたにしか書けないこと」を書こう

「ブログには何を書けばいいですか?」と、ブログを始めたばかりの人に相談されました。あなたにしか書けないことを書くと読まれるブログになりやすいですよ、と答えました。

 

誰にでも書けることなら、あなたが書く必要はありません。それは他の誰かに任せておきましょう。きっとあなたよりも早く、あなたよりも上手に書く人がいます。そんな相手と勝負しても勝ち目がありません。それよりもっと「勝ちやすい戦い方」をするべきです。

 

この方は、建築関連の仕事をずっとやっていて、その分野で独立・起業したいとのこと。それなら建築関連の「あるあるネタ」や実際に聞かれた質問、変わったお客様の要望等を書けば、読まれやすいブログになります。

 

同じ分野で長年仕事をしていると、それが当たり前になり新鮮味が無くなります。ついつい専門用語を連発しがちになります。が、家を初めて建てるお客様にとっては、知らないことだらけで新鮮に感じるのです。

 

その心理を逆手にとって、素人が知らないことや分かりにくいことを、分かりやすく書いてあげれば、お客様の悩みや疑問を解決することになり、とても喜ばれます。結果として、仕事の受注につながりやすいです。

 

うちのお客様で売れるようになった人は、全員このやり方です。本当は書けるネタをたくさん持っているのに、それに気付いていません。お客様が知りたいことを、書き手が把握していないのです。

 

一番やってはいけないのは、時事ネタや芸能人のゴシップ、どこに何を食べに行った等の「どうでもいい情報」ばかり書くブログです。それならネットニュースを見たら事足ります。素人が食べたものに興味を持つ人は滅多にいません。

 

書くネタが無いから、こういう「苦し紛れ」に書くことになり、アクセスも取れず、ブログ自体が嫌になる。こんな人がとにかく多いのです。

 

それを防ぐ為には、まずはあなたにしか書けないことは何か無いかを探す作業をすることです。気付いていないだけで結構あるのです。それがお客様の知りたいことと一致していれば最高です。どんな職業にも、その可能性は無限大にあります。それを見つけてあげるのが、私の仕事です。

blog.kensasano.tokyo