法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

本は1分あれば読める

「本を読む時間がないんです」と言う人は多いですが。本というのは1分あれば読めます。信号待ちの交差点でも、エレベーターや電車を待っている時でも、サッと開けばすぐに読めます。要は、そういう準備が出来ているかどうか、その気があるか無いかの違いです。

 

「読書=時間がかかる」と思い込んでいる人は、分厚いハードカバーの小説や小難しい専門書だけが本だと思っているのです。本屋さんに行けば、スラスラ読めそうな本はいくらでも見つかります。

 

難しそうな本でも、1分ずつ毎日読んでいけば、一年間で読破できます。朝昼晩と1分ずつ読んでいけば、そんな本が年に三冊も読めます。気合を入れて読むのではなく「習慣」にすることが、読書のコツです。

 

私は出歩く時は常に本を持ち歩きます。電車の中で読む為です。本が無いと不安です。スマホを忘れることはあっても、本を忘れることはありません。出かける準備の際に、まず始めにやることが、どの本を持って行くかを選ぶことです。これが「至福のひと時」です。

 

出張で飛行機や新幹線に乗る時は、読み終える可能性があるので、二冊以上は持って行きます。上下巻の小説を持って行くこともあれば、全く違うジャンルを二冊ということもあります。

 

ほとんどの人は、時間が空くとすぐにスマホを手に取ります。見る内容はだいたい同じで、LINEをチェックするか、インスタグラムやTwitter等のSNSをチェックするか、ネットニュースを見るかのどれかです。

 

みんながやっていることを同じようにやっていても差はつきません。あなたがスマホを見て知ったことは、隣でスマホを見ている人も知っています。これでは「知の差別化」ができません。

 

ネットの情報は一日に何千万人が見ますが。本は売れてもせいぜい一万部です。ということはその情報を知っているのはネットの「千分の一以下」だということです。誰しも知っている情報を喋る人より、千分の一の人間しか知らない情報を喋る人間の方が価値が高く、人もお金も集まってきます。

 

私は電車の中や飲食店でみんながスマホを触っていると嬉しくなります。そんな中で一人だけ本を読んでいるので、自分の価値がどんどん高くなるからです。あなたも早く「こっち側」に来てください。そうすると言っていることがよく分かると思います。その為にはたった1分を習慣にするだけで良いのです。

blog.kensasano.tokyo