法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

お金の使い方はコロナの前後でこう変わった

コロナ騒動をきっかけに、人々のお金の使い方が変わりました。お金が全く無い人は不安感があるので出し渋り、お金が余っている人は使い道が無くて困っています。それを前提に商売をする必要があります。

 

多くの国民は収入が減りました。特に非正規労働者はサービス業に就いている割合が多いので、時短営業や外出自粛に伴い出勤自体が減り、収入も減っています。いくら給料が下がったとか、今月はピンチだという人の報道を見る機会が多いと思います。

 

飲食店を経営している人の多くも収入が減っています。いかに居酒屋が厳しいかという報道もしょっちゅうやっています。残念ながらその歴史に幕を降ろした老舗も多いです。

 

一方で、補助金で「ウハウハ」の人もいます。売上がほとんど無かったような場末のスナックや、夫婦二人でやっている個人店でも、時短営業にするだけで日に6万円もらえたからです。月に180万円です。二ヶ月分もらえれば、今年はもう営業しなくても大丈夫です。

 

公務員や年金受給者、生活保護をもらっている人は収入が下がっていません。基盤がしっかりとしている大企業の正社員も同様です。多少のボーナスの増減はあるかもしれませんが、生活には何の支障もきたしません。

 

逆に、コロナで売上が上がり、ボーナスが増えている企業もあります。あまり報道はされませんが、世の中で売れているものを観察してみると、そういう企業は意外と多いことが分かります。

 

お金持ちは資産が減っていません。逆にコロナ禍で増えた人も多いです。今までは旅行に行ったり高級ホテルに泊まったり、飲食店でお金を使っていましたが。外出自粛と時短営業により、その機会が減りました。お金はあるのに使えない。そんな状況が続いているのです。

 

前置きが長くなりましたが、あなたが売っているものを、どの層に買ってもらいたいのかで、価格設定が変わってきます。コロナで収入が減った人を対象にしているのであれば、高いものは売れません。安くて質の良いものが求められます。コロナでお金が余っている人を対象にするのであれば、少々高いものでも今なら買ってもらえる確率が高いです。

 

コロナの前後で全く同じように値付けをしている人が多いですが。人々の金銭感覚は大きく変わっています。そこに敏感に対応しないと、これからは生き残れません。あれだけ売れているユニクロですら消費税分の値下げを断行しました。あなたは何かやりましたか?ぼんやりしている場合ではありませんよ、という話です。

blog.kensasano.tokyo