フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

緊急事態宣言解除後のリアルな東京の様子【コロナ関連】

3/22から緊急事態宣言が解除されたが、東京都心部はどこも人でごった返している。山手線は乗車率が90%くらいで、新宿駅のホームには人が溢れ、原宿は若者で埋め尽くされていた。

 

二ヶ月半も自粛を要請され、鬱憤が溜まっていたのだろう。10代や20代の時にずっと家にいろと言われても、そうそう素直には従えないと思う。その「反動」がこのタイミングで一気に噴出した。

 

外出しているのは若者だけではない。いい年した大人も外で騒いでいる。高円寺の居酒屋は、平日の昼間なのに満席のところもあった。感染対策はほぼしていない。かなり「密」な状態で、隣り合って大声で話しながら飲んでいる。

 

もはや誰の言うことも聞く気がないのだと思う。国のトップはもちろん、唯一、都民に人気がありそうに見えた小池百合子知事も、最近の言動はさすがに許容できないという人が多いのか。自身の人気取りに終始しているだけで、具体的な対策は出してこない。そんな状態では、もはや何を言っても響かない。

 

地方から東京に来たであろう人もよく見かけるようになった。大きなキャリーケースを持ち、山手線に乗っている。路線図を見ながらどこで降りたら良いのかと心配そうな目で見つめている。だから、すぐに分かる。これはここ数ヶ月見なかった光景で、ようやく日常が戻ってきたんだなという気もした。

 

よく考えれば、2020年も三月の三連休に人が溢れ出し、そこで感染が拡大。翌週から外出自粛が急に発表され、スーパーの買占め騒動が起こった。今年はそこまで混乱はしないが、感染者が増えるということに関しては、全く同じパターンを辿っている。日本人って学ばない人種だなと思う。

 

こんなにも頭の良い人がたくさんいるのに、誰か良い解決策を考えれないものだろうか?考えた人がいても、それを採用する人間が聞く耳を持たなかったり、判断する力が無ければ、実現はしない。おそらく2021年はこんな感じで「ズルズル」いくと思う。

blog.kensasano.tokyo