法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

第四波対策には、時差通勤より時差ランチを、時短営業より人数制限を【コロナ関連】

緊急事態宣言が解除されて気が緩んだのか、その前から緩んでいたのか。早速、新規感染数が各地で増加傾向にある。遂に大阪は東京を超えた。

news.yahoo.co.jp

いよいよ第四波が来たという感じだが、有効で具体的な対策を政府に変わって考えてみる。頭の体操の為に。

 

まず、時差通勤より時差ランチを推奨したい。混雑した通勤電車でクラスターが発生したという話は、未だに聞かない。みんな静かに黙っているからだ。ということは、人がどれだけいようと、喋らなければ大丈夫ということ。それよりも「気が抜ける」ランチタイムの方が圧倒的に危険度は高い。

 

昼間のビジネスパーソンを観察していると、男女問わず集団でワイワイ群れて、狭い店内で楽しそうにお喋りしながら食べている人が本当に多い。きちんと仕切りをした個人客向けのお店なら大丈夫だが、テーブル席のあるお店はほぼ「ノールール」状態。ストレスが溜まっている人が多いのか、食べながら同僚と喋っている人をよく見かける。

 

こんなことでは、時短営業で夜のお店を閉めている意味が全く無い。ウイルスには昼も夜もない。時間問わず、マスク無しで他人と喋るという行為自体にリスクがある。こういう「輩」は何を言っても聞かないし、どこにでもいる。それなら出来る限り接触を断つしかない。その有効な方法が時差ランチだ。

 

日本の会社は、なぜか一様に12時〜13時がお昼休みになっている。だからお店が混む。学校教育の賜物なのか、その時間帯に食べないといけないと「洗脳」されているように思える。以前、新幹線に乗っている際、12時になった瞬間に周りのサラリーマンがほぼ全員、弁当を食べ始めたのには驚いた。この人たち、まるで「ロボット」だなと思った。

 

ランチなんて好きなタイミングで食べれば良い。別に食べなくても良い。そんな日があっても良い。ざっくり11時〜14時の間でどこかで食べてねというようにすれば、もっと「柔軟性」が出ると思う。子供じゃないんだから、そのくらいは自分の頭で考えろよと思う。

 

私は昔からずっとそうしている。お店で食べる場合は、11時とか11時半のオープン直後に行くか、13時以降の遅い時間に行く。その方が空いているから。家にいる時は食べないこともある。

 

それと時短営業だが、この数カ月で、誰の為にもなってないということがよく分かった。営業時間が問題なのではなく、そこでマスク無しで大声で騒いだり喋り倒している人間が問題なのだ。時間ではなく人の問題だ。

 

二人以上になると、人は喋る。三人以上になるとうるさくなる。四人客になるともっとうるさくなる。五人以上なんて、迷惑以外の何ものでもない。そんな客が増えている。

news.yahoo.co.jp

 

それなら「複数客はダメですよ」というルールを政府主導で作れば、時短営業をしなくて済むし、今のような補助金も出す必要がなくなる。一律に補助金を出すのではなく、個人客に特化したお店ならその費用を補助しますというやり方でも良い。それならそう対応するお店も増えるだろう。

 

というように、まだまだやれることはある。コンサルタント業の私にとって、コロナは頭の体操にとても向いている。情報を収集し、どこに問題があり、どう改善すれば良いのかをずっと考えることが出来るからだ。

 

プランAがダメならプランBを考え、それでもダメならプランCをというように「終わり」が無い。不謹慎かもしれないが、こんな風に考えている人は意外と多い気がする。

blog.kensasano.tokyo