個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

「混んでます」と報道すると更に混む【コロナ関連】

なぜマスコミは「今日はここがこんなにも混んでます」と報道するのだろう?あれを見た一部の人間は、それなら自分も行こうと思う。こんなにも人がいるのなら、我慢する必要はないと。そういう一部の人間がいる限り、感染の拡大は止まらない。ということが分からないのだろうか?

 

よく見るのが、渋谷駅前の様子。去年の今頃と比べて、こんなにも人が増えましたという報道を各局がやる。それを見て、このくらいなら別に良いかと思って渋谷まで出かけた人間がどれほど多いか。少し想像してみたら分かるのになと思う。

 

他には観光地や名所の様子。桜が咲きました。家族でビニールシートを敷いて花見をやってます。そういう映像を見れば、行きたくなる人がいるのは当然だ。一方で感染の拡大を防止しましょうとか言いながら、やっていることは感染の拡大に「寄与」している。何がやりたいのかよく分からない。

 

一番良いのは、そういう報道を全てやめて、過去のドラマやバラエティ番組を流すこと。フジテレビだけでも「若者のすべて」とか「ごっつええ感じ」とかいくらでもある。そうすれば、それ目当てに「ステイホーム」が広がる。そこで時間稼ぎをして、徐々に感染者を減らしていく。という議論は出てこないものか?

 

なぜマスコミがコロナを報道し続けるかというと「視聴率が稼げる」から。みんなが関心のあることを報道していれば、視聴率が上がり、入ってくる広告収入も増える。視聴率が0,1%単位で金額が違ってくるので、各局は必死なのだ。

 

それともう一つ心理学の観点から言うと、人は不安になるとお金を使いたくなるということ。これは昔から言われていることで、不安を解消する手段の一つとして、別に必要もないものを買ったりする。テレビで不安を煽れば、そこにCMを出している企業が儲かるという実によく出来ている話。

 

結局、金かと思う。営利企業だから別に文句はないが、もっと儲けたいなら一刻も早く封じ込めた方が経済の回復が早くなる。それは既に危機を脱した各国を見ていれば分かる。そうせずに、ダラダラと引っ張り続け、みんなで疲弊して貧しくなる方向に向かっているのが今の日本だという気がする。

blog.kensasano.tokyo