法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

ホームページ制作会社は集客のノウハウが無いところが多い

ホームページ制作会社は集客のノウハウが無いところが多いです。そういうことを知らずに「全部お任せ」して、見た目の良いホームページだけ作って、全く集客できてない企業が後を絶ちません。

 

家で説明すると分かりやすいと思います。まずは建築家や設計士がいて、それを図面通りに作る大工さんがいます。家が完成して実際にお客様に販売する営業マンがいます。それぞれ立場や役割が違います。

 

ホームページ制作会社は、大工さんです。既に書かれた図面通りに作ることは可能です。が、自ら図面を書いたり、それを販売する能力はありません。そもそも、そんなことをやったことがありません。ネット集客という意味では、あなたと「ほぼ同レベル」です。

 

図面を書いたことのある人なら、どこにどういう配置をして、どんな風にすれば使い勝手が良いのかが分かっています。が、それをいざお客様に売れと言われても売れません。それとこれとは別だからです。

 

お客様と対面して売るのが得意な人は、図面も書けないし、大工として作ることも出来ません。口先は器用ですが、手先は不器用です。高級なスーツで現場に来ても、まるで役に立ちません。

 

家の設計が出来て、自ら作ることが出来て、それをお客様に売る能力のある人は滅多にいません。それぞれ「分業制」です。その考え方をネットにも当てはめてみましょう。そうするとよく分かると思います。

 

あなたがお願いしている業者さんは、どの立場なのか。どんな役割を全うしているのか。そこをよく観察するべきです。

 

・きれいなホームページが本当に必要なのか?

・問題なのは書いている文章やタイトルの付け方ではないのか?

・それより売ってる「商品自体」が悪いのではないか?

 

こんな風に客観的に見てくれる人に頼んだ方が、あなたの商売は上手くいきます。必要な事と不必要な事の「線引き」です。それが的確に言える人は、実はものすごく少ないです。

blog.kensasano.tokyo