法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、女性起業家のブログ集客をサポートするコンサルタント 笹野健

法人向けWEB集客、フリーランス・個人事業主のSNS集客、ブログ集客に悩む女性起業家や、起業したいけどアイデアやスキルがないので困っている起業女子のサポートをし続け、12年間で3,600名以上の相談に乗ってきました。その他にも、お金、運気、金運、人間関係の悩み、恋愛、婚活、離婚等、何でも答えます。何でも聞いてください。

異性への嫉妬より同性への嫉妬の方が激しい

嫉妬というものは、男女問わず、異性より同性の方が激しいです。

 

男は上下で物事を見るので、自分より年下の成功者には、激しく嫉妬します。スポーツ選手が活躍していると、まずは「年齢」を見ます。IT長者や優秀なビジネスマンが、インタビューを受けている時も同様です。自分より年下で、自分より優秀な人間が、本能的に許せないのです。それがオスという生き物です。

 

女性は容姿や射止めた男性のレベルで、相手との差をはかります。自分より若くて美しい人には、もれなく嫉妬します。自分よりブスな女が、自分の夫より高収入だったり、イケメンを射止めると、もれなく嫉妬します。それがメスという生き物です。

 

会社にはよく「お局様」がいますが。これも同性だから起こることです。お局様は、もう社内の男からは、相手にされていません。口やかましいおばさんくらいにしか、思われていません。そのことを本人が、よく分かっています。だから余計に悔しいのです。そんな時に、若くてピチピチした新人が入ってきます。当然、チヤホヤされます。そうすると、お局様は、もれなくいじめたくなります。

 

不思議なもので、異性には嫉妬しません。男が女に、女が男に、嫉妬しているのを見たことがありません。異性といる時間が長ければ長いほど、嫉妬の機会は減ります。同性といる時間が長ければ長いほど、嫉妬の機会は増えます。

 

あなたの周りの人間を、よく観察してみてください。常に女同士で群れている人や、男同士でつるんでいる人は「嫉妬の塊」のような人ばかりです。嫉妬を減らすコツは、異性と一緒にいることです。そうすると、もはや嫉妬という概念すら無くなります。とても楽です。

blog.kensasano.tokyo