SNS・ブログ集客の指導歴13年のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の相談に乗ってきました。

話の長さと年収は反比例する

話の長さと年収は反比例します。話が長い人に限って、話が面白くありません。なぜ話が長くなるかというと、思いやりが無いからです。話を聞く相手の「負担」を一切考えていません。こういう風に話した方が、分かりやすいかな?とか。ここは言わなくても大丈夫かな?とか。そういう「想像力」が無いのです。

 

話には4パターンあります。

① 面白くて短い話

② 面白くて長い話

③ つまらなくて短い話

④ つまらなくて長い話

 

①だけがウケます。②は微妙です。③、④はウケません。聞いている相手は「早く終わらないかな」と思ってます。スピーチはだいたいが④です。

 

居酒屋のおっさんの話も④です。女子会の会話も④です。しかも女子会では、3人いたら3人共が④です。だから、女性は話を聞かないのです。

 

女性が話を聞けないのは、集中力が無いからではありません。普段から友達同士で、つまらなくて長い話ばかりしているからです。見た目はキレイにしていても、話していることは、居酒屋のおっさんと変わらないのです。

 

なぜ話がつまらないかと言うと、頭の中で「編集」しないからです。思いついたことをダラダラと出てきた順に話しても、面白い話にはなりません。撮影した動画を、そのまま流しても、映画にはならないのと同じです。映画には、セリフも音響もカット割りもあります。だから、作品として価値があるのです。

 

年収の低い人は、そんな「ノー編集」の話を、どこでも誰にでも話したがります。だから人が離れていって、お金も離れていくのです。極めて論理的に説明できる法則です。

 

あなたの年収を増やしたかったら、今している話を半分にできないか、話す前に考えてみましょう。

・要約できないかな?

・良い例えはないかな?

・これは言わない方が良いかな? 

この習慣が身に付けば、年収は勝手に上がっていきます。だまされたと思って、一度やってみてください。

blog.kensasano.tokyo