女性専門のブログ集客コンサルタント笹野健

女性にブログ集客のコツ、方法、書き方、起業の成功術を教えているコンサルタントです。起業して13年間、一度も宣伝も広告もせず、ブログ集客のみで3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

いかに頑張らずに頑張ってる人より成果を出すかを考えよう

いかに頑張らずに、頑張ってる人より成果を出すか。私は昔からずっと、そんなことばかり考えてきました。その結果として、今ここにいます。

 

ほとんどの人は「とりあえず」頑張ろうとします。やり方も考えず、むやみやたらに頑張ります。それで「疲弊」します。

 

頑張れば頑張るほど、成果が出ると信じている。頑張れば、誰かがどこかで見てくれていると信じている。それで成果が出なかったり、誰も見てくれなかったら、不信感ばかりが募ります。自信も失い、自暴自棄に陥ります。

 

いくら頑張って働いても、一日は24時間しかありません。それ以上は働けません。頑張るには「限界」があります。頑張って働き続けると、体を壊します。体を壊すと、収入がゼロになります。

 

つまり、頑張れば頑張るほど、不信感が募り、自信も失い、収入は減っていくのです。ということに、私は結構早い段階で気付きました。それ以来、頑張ることから、距離を置きました。

 

頑張らなくても済むように、今でも勉強し続けています。勉強し続けていると、どんどん知恵が増えていきます。その知恵を他人に提供することで、私の仕事は成り立っています。

 

実は、ほとんどの仕事は、この仕組みさえ理解できていれば、頑張らずに済みます。が、ほとんどの人は、その仕組みを理解できていません。仕組みが「あることすら」知りません。だから、いつまでも頑張ってしまうのです。

 

頑張っても頑張っても成果が出ないとか、収入が増えないということは「それは間違っているよ」ということです。にも関わらず、惰性で頑張り続ける人がとても多いのです。

 

頑張ることに慣れてしまうと、それが当たり前になります。ある意味、感覚が「麻痺」しているのです。頑張り屋さんは、それが当たり前なので、他人にも頑張りを強要します。

 

あなたの周りの、仕事のできない人を思い浮かべてください。きっと、頑張り屋さんだと思います。あなたの周りの、仕事のできる人を思い浮かべてください。きっと、あまり頑張ってないように見えると思います。

 

評価されるのは、圧倒的に後者です。前者が評価される時代は、もはや過去のものです。そんな時代には、もう二度と戻りません。ということを踏まえても、あなたはまだ頑張り続けますか?という話です。

blog.kensasano.tokyo