フリーランス女性の為のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

昭和生まれは、何でも振る説【エッセイ】

昭和生まれは、何でも振る。醤油もソースも塩もポン酢もドレッシングも。とにかく一回振る。本能として、そう「インプット」されている。ということに気付いている人は、どれだけいるのだろう?そんなことをたまに考える。

 

平成生まれはそんなことはしない。醤油もソースも塩もポン酢もドレッシングも振らない。そのままかける。蓋を開けていきなりかける。それを見ている昭和生まれとしては、少し心配になる。おいおい、大丈夫か。振らなかったら下に溜まってるだろうが。その状態でかけたら、本来の実力が発揮できないだろうが。と、いつも思ってしまう。

 

そんな話を平成生まれにしたら「え?全く意識してなかったです」と言われる。ほぼ100%の確率で。ほらな。やっぱり。これだから「ゆとり世代」とか言われるのよ、平成生まれは。もうちょっと振らないと。

 

という思いを引きづりつつ、昭和生まれに同じ話をすると「え?全く意識してなかった」と言われる。ほぼ100%の確率で。おいおい、どういうことだよ、これ。急に他人行儀になるなよ、昭和。今までずっと一緒にやってきたじゃないか。「私はそっちではなく、こっちなので」みたいな顔するんじゃないよ。

 

つまり、昭和生まれは何でも振るという説は、私が勝手に思い込んでいることであり、昭和生まれも平成生まれも全く気にしていないということが分かった。

 

でもなぁ。観察してると、確かに振ってるんだよなぁ。昭和生まれの人はほぼ全員。昼間の定食屋とか、みんな振りまくってるけどなぁ。そういう思いながら、日々、人間観察に励む。39歳、今日も元気にやってます。

blog.kensasano.tokyo