お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

コロナの影響で「この仕事でやっていけますか?」という相談が増えた

「この仕事でやっていけますか?」という相談が、コロナの影響で増えました。みんな不安なんだろうなと思います。

 

今までは漫然とその仕事をやっていて、それで何とかなっていたけど、コロナ騒動が起きてから、将来に対する不安がむくむくと湧いてきたのです。それはどんな仕事でも職種でも肩書きでも同じだと思います。

 

今や、絶対に安泰だと言い切れる会社や業種はありません。売上が好調な企業でも、いつ、どのようなことが起こるか分からないからです。たまたまコロナ禍は乗り切れたとしても、次に起こる騒動で失脚するかもしれません。

 

公務員はクビにならないと思っているかもしれませんが、これだけ国の借金が増えると、人員削減の波がいつやって来てもおかしくありません。10人でやっていた仕事を5人でやるようになったり、繁忙期だけ臨時で職員を雇うようになる可能性もあります。

 

コロナ騒動で、いかに日本の役所のIT化が遅れているかがよく分かりました。ここに「メス」が入るのは時間の問題でしょう。そうすると、そこで働く人の数は減ります。

 

「自分が今やっている仕事が無くなるんじゃないか?」と不安に思っている人も多いです。そういう人におすすめなのは、海外のニュースを見る習慣をつけることです。ロイター通信やCNN等のサイトです。欧米や中国といったIT先進国で流行したものは、必ず日本に入ってきます。そこをチェックしておけば、今後の見通しがつきやすいです。

 

商業施設やお店の入り口にある自動検温機は、中国では2020年のかなり早い段階で導入されていました。私はそれをロイターとCNNのサイトで見ていたので、日本でもそうなるんだろうなと思いました。案の定、秋頃から全国で導入されました。

 

アメリカのドミノピザでは、自動ロボットによる配送が試験的に始まりました。配達員がもはや不要になっています。これは道幅の広い日本の田舎でも採用されるかもしれません。

 

「やっていけるかどうか」と不安になる気持ちは分かります。が、それを解消する為には、出来るだけ具体的で正確な情報を手に入れることです。それをせずに「どうしよう、どうしよう」と言い続けていたり、占いに頼ったりするから、余計に不安になるのです。

blog.kensasano.tokyo