お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

下品なお金持ちの典型例

下品なお金持ちの典型例を見つけたので、ご紹介しておきます。

www.dailyshincho.jp

こういう人は、お金を使ったという事実を他人に見せびらかすことでしか、自分の価値を確認できません。そうでもしないと、不安で仕方ないのです。誰も自分のことを認めてくれないでのはないかと、怖くてしょうがないのです。

 

庶民を見下しているようですが、本物のお金持ちからすると、この人も見下されていると思います。自分が買ったものをわざわざ金額込みでSNSに載せるという行為が、いかに下品なことであり、本物のお金持ちなら絶対にやらないことだと、なぜ気付かないのだろう?と思われているはずです。

 

「裏アカ」でやっていたとのことですが、それがバレている時点で、もうアウトでしょう。社員もみんな見ているとのことですが、そういう人達がこれを見たらどう思うのか、そこに対する想像力や配慮が欠如しています。

 

自身はお金がたくさんあるので困らないかもしれませんが、こんなことをやり続けていると、周りからは人がどんどん離れていきます。そうすると、人間不信になり、お金しか信用できなくなります。

 

それでますます金の亡者になり、また人が離れて行くという「負のスパイラル」に陥ります。映画や小説でこういう人物がよく出てきますが、だいたいはロクな死に方をしません。これはもうお決まりのパターンです。

 

本人の人生なので、どう生きようが勝手ですが。いくらお金を稼いでも、その使い方や生き様が下品だと、はたから見ると「かわいそう」な人に見えるということです。

 

あなたはこれほどお金を稼ぐことはないかもしれませんが、下品な人にだけはならないように気を付けましょう。肝心なのは、いくら稼いだとか、いくら貯金があるということではありません。人として、下品な生き方をするのはみっともないよ、ということです。そういう意味では、格好の「反面教師」だと思います、この人は。

blog.kensasano.tokyo