お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

食パンの一斤、二斤という単位は分かりにくい【エッセイ】

あれ、何とかならないのか。そう思うことはよくあるが、その筆頭が食パンの単位。一斤、二斤と書いてあるが、それがどれだけの量なのか、非常に分かりずらい。

 

今までそんな単位で考えたことないし、義務教育でも習ってない。こちとら大学まで卒業しているが、一度もそんなことは教えてもらえなかった。小学校の家庭科の授業で教えるべきだろうよと思う。

 

そもそも「斤」て何だよ。読み方が分からない人も多いと思う。調べてみるとびっくり。何と中国から入ってきた重さの単位とのこと。それともう一つの説が、明治維新以降にイギリスやアメリカから食パンが輸入され、その重さが約1ポンド(450グラム)で、それを一斤と数えたと。

 

が、その後、様々な形やサイズの食パンが出てきて、重さもバラバラになり、平成24年に一斤は340グラム以上と決まったが、明確な基準はなく、だいたい一斤が350〜400グラムの食パンが多いと。単位にしては、随分、曖昧だなと思った。

 

高級食パンブームになり、そこら中に食パン屋が乱立しているこのご時世。当たり前のように一斤、二斤と売っているが、実はお店によってそれぞれ大きさや重さが違うということか。おいおい、それってどうなんだ?

 

スーパーやコンビニで買う時は、4枚切り、6枚切り、8枚切りと書いてある。こっちはそれで育っているし選んでいる。そこに急に入ってきたのが一斤、二斤という単位。そこで戸惑いが生じる。

 

もっと言うと、一斤とか二斤のサイズは、一人で食べるには多すぎる。美味しいのは認めるが、途中で飽きてくる。それとたかが食パンに1,000円近くも働いたくない。尾山台にあるポニーというパン屋さんを見習いなさい。あそこは「ハイグレード食パン」でも250円。昭和感満載のネーミングが良い。

 

とか言いながら、乃が美の食パンは本店に電話予約して買いに行った。実家で家族と食べたが、たいそう美味だった。が、また買おうとは思わない。あんなものは「経験」として一度食べれば十分。並んでまで買うなんて野暮なことはしたくない。

 

話が逸れたが、食パンの一斤、二斤という数え方は、専門用語だし、重量も曖昧だし、みんなよく分かってないので、そのうち変わる気がする。次はなんて呼ばれるのだろう?普通に一本とか二本じゃダメなのか?そんなことを、高級食パン屋の前を通るたびに考える。きっと暇なんだと思う。

blog.kensasano.tokyo