お金の増やし方と金運アップ、恋愛相談が得意な女性向けブログ集客コンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ集客のコツを始め、お金の増やし方や金運アップの方法、恋愛や人間関係の悩みまでを、たった2時間で全て解決し、相談者に笑顔になってもらうことをモットーに日々仕事をしています。これまで13年間で3,900名以上の女性の相談に乗ってきました。

社長の相談相手が圧倒的に足りない

法人の代表の方と話していると、いかに「孤独」かということがよく分かります。コロナ問題を筆頭に、日々、経営や資金繰りに関する悩みは尽きませんが、誰にも相談できません。一人で悶々として、時間だけが過ぎていくのです。

 

人は誰しも、自分の話を他人に聞いてもらいたい生き物です。否、正確に言うと、聞いてほしくて、聞いてほしくて、たまらない生き物です。だから多くの人が、SNSに自分の思いを吐露するのです。誰も聞いてくれないからです。

 

社長も同じ人間です。自分の悩みを聞いてほしくて、聞いてほしくてたまりません。何か解決策が欲しいのではなく、単に聞いてもらうだけで、心がスッとします。自分の中に溜まっている「モヤモヤ」が吐き出せただけで、かなり楽になるからです。

 

私は20代の頃から、なぜか年上の社長さんの話し相手に選ばれることが多かったです。興味の幅が広く、たくさん本を読んでいたからです。同年代の人間とは違い、芸術や落語、読書や映画に多くの時間を費やしていたからです。

 

読書家は、常に著者と「対話」しています。本を読むという行為は、常に著者の話を一対一で聞き続けるということです。だから、本をたくさん読んでいると、黙って相手の話を聞くことが苦痛になりません。

 

そういう人間は、滅多にいません。自分の話を聞いてほしい人ばっかりで、他人の話をじっと聞くということに慣れていないからです。だからこそ貴重なのです。

 

社長という人種は、話し好きが多いです。人より何倍も聞いてほしくてたまらないタイプです。社員は嫌がります。面と向かって、わざわざ話したくはありません。下手に強要すると、パワハラで訴えられます。

 

そこで私のような人材が起用されるのです。ひたすら話を聞き、相槌を打つ。聞かれたら答える。知っている話題なら広げる。知らない話なら、素直に知らなかったと言う。たったこれだけのことが出来るだけで、社長の相談相手は楽に務まります。

 

相談相手のいない社長さんからの「ちょっと話したいんだけど良い?」という相談、お待ちしております。年齢も性別も国籍も問いません。

blog.kensasano.tokyo