個人事業主やフリーランス女性専門のITコンサルタント笹野健

起業の成功術やブログ・SNS集客のコツを始め、お金の増やし方やお金持ちになる方法、開運・金運・運気アップについのアドバイス、恋愛・離婚相談を得意としているITコンサルタントです。これまで13年間で3,900名以上の個人事業主やフリーランス女性の相談に乗ってきました。

運が良いと思っている人には良いことが起こる

どんな運気に関する本を読んでも、共通して書いてあるのは「運の良い人というのは、自分は運が良いと思っている人」だということです。これは確かにそうです。

 

あなたの身の回りにいる、運の良い人を思い浮かべてみてください。いつも「運の良い話」をしていると思います。こんな幸運なことがあった、ついてる、ラッキーと言い続けているはずです。

 

あなたの身の回りにいる、運の悪い人を思い浮かべてみてください。いつも「運の悪い話」をしていると思います。こんな不幸なことがあった、ついてない、最悪だと言い続けているはずです。

 

このことからも、運の良し悪しを分けるのは、自分自身がどう思っているかと、普段の口癖だということが、よく分かると思います。

 

私は昔からずっと、抜群に運が良いと思っています。何が起ころうと、神様に守られているし、困ったことにもならないだろうと本気で思い込んでいます。だから、そうした「現実」が目の前に起こるのです。

 

数日前の話です。大人気で入手困難なパンが、偶然にもあっさり買えました。高田馬場でランチをして、そのまま散歩がてら池袋方面に歩くことにしました。目白の駅前で「ジョアン」というパン屋さんを発見。ここの「コーンパン」が大好きなのです。恵比寿のガーデンプレイスにあった頃はよく買っていました。

blog.kensasano.tokyo

 

目白には何度か来たことがありますが、ここにジョアンがあるとは知りませんでした。もしコーンパンがあったら買おうかと、ふと立ち寄ってみることにしました。

 

コーンパンは、日に二、三回の焼き上がり時間があり、その直後にほぼ「完売」します。日本橋や銀座の三越では、その時間に合わせて長蛇の列が出来たりもします。そこまでして買いたい人がいるほどの人気商品だということです。

 

で、その目白店に入った瞬間、奇跡が起こりました。なんと店員さんが「只今、コーンパン焼き上がりました〜」と厨房から焼き立てを棚に並べ始めたのです。日本橋や銀座で並んでいる人からすると、たいそう羨ましい状況だと思います。

 

私の身にはこんなことがよく起こります。正確に言うと、色んなことが起こりますが、こういう些細なことでも「良いことしか」覚えていません。それを他人に話したり書いたりするので、周りから見ると「なんて運の良い人なんだ」と思われるのです。

 

あなたの運気を上げるのは簡単です。これと同じことをやれば良いのです。一円もかからないし、パワースポットに行く必要もありません。運気とは、そういうものです。

blog.kensasano.tokyo